田中みな実、脱バラエティ路線は鷲見玲奈への対抗意識!? グラビア・女優デビューの“まねっこ”が火種か

斉木順

 元TBSでフリーの田中みな実アナが、3月いっぱいで局アナ時代から出演していた同局系の『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』と『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』の2番組を降板し、新たなステップへ進むと報じられた。その背景には、猛追してくる元テレビ東京・鷲見玲奈アナの存在があるとされ、共演どころか「名前を出すことすらタブー」と伝えられるほどライバル視しているという。

 田中アナは、降板する2番組に限らずバラエティ露出を減らしていく意向。今後は「女優業に専念する」とも、元テレビ朝日・小川彩佳アナに替わるTBS系の報道番組『news23』のメインキャスター候補として名前が挙がっているともいわれているが、いずれにしても今までとは仕事の傾向をガラリと変えて次のステップへ進むとみられている。

 誰の目からみてもフリーアナとして“ひとり勝ち”状態だったのになぜ……と不思議がる声が上がっているが、 その背景には鷲見アナへの対抗意識があるようだ。

 鷲見アナはテレ東時代からアイドル的な人気を誇り、フリー転身後はバラエティ番組でのぶっちゃけぶりや抜群のルックスを生かしたグラビアで話題に。今年1月には、スペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』(日本テレビ系)で本格女優デビューを果たした。

 鷲見アナの路線は田中アナのフリー転身後の経歴と非常に似ており、田中アナの成功例を参考にしているのではないかともみられている。田中アナが写真集を大ヒットさせたことにならって、鷲見アナも写真集リリースを計画しているとの情報もあるようだ。

 発売中の週刊誌「FLASH」(光文社)によると、田中アナは鷲見アナのことを「相当意識している」そうで、名前を出すだけでも現場がピリついてしまうので「スタッフが自主規制している」という。田中アナにすれば「自分のテリトリーに踏み込んでこられた」というような感覚があり、自分のまねをしているようにも見える鷲見アナに思うところがあるようだ。

 同じくグラビア路線などを展開して田中アナの強力なライバルになるとみられていた元TBSの後輩・宇垣美里アナは、今ひとつ弾けることができずに失速。田中アナとしては「一安心」といったところでダークホースの鷲見アナから思わぬ突き上げを食らい、それが「次のステップ」へと進むきっかけのひとつになったのではないかともみられているようだ。

 田中アナは「脱バラエティ」後にどんな路線を進むのか。いずれにしても、鷲見アナの快進撃によってフリー女子アナ界の勢力図が大きく変わる可能性がありそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

田中みな実、脱バラエティ路線は鷲見玲奈への対抗意識!? グラビア・女優デビューの“まねっこ”が火種かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!