鷲見玲奈アナ、今度はテレ東時代の年収を告白… ぶっちゃけキャラもそろそろ限界?

宇原翼

 テレビ東京を昨年3月に退社し、グラビアに女優にと活躍の場を広げている鷲見玲奈アナウンサーだが、“ぶっちゃけキャラ”はそろそろ限界かもしれない。

 フリー転身後はバラエティ番組への出演も目立ち、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では長瀬智也に対し「女性経験が少ないんじゃ」とコメントするなど、その発言でネットを騒がせることも少なくない鷲見アナ。昨年6月には整形疑惑をかけられていることにTwitterでわざわざ触れ、「元々二重です」「鼻も涙袋も胸も何も入れていません」と整形を否定した上で、「嘘つきたくないので言いますが、脂肪溶解注射とボトックスは打ったことがあります」と告白するなど、ぶっちゃけキャラのイメージも強い。

 だが、このキャラを続けるのもそろそろ厳しそうだ。16日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)ではテレビ東京時代の年収を700万円くらいだとぶっちゃけたことが話題になったが、その直前の発言では“迷走”を見せた。男性の好みを「釣った魚に餌はやらないタイプがいい」と話した鷲見アナは、「だから振り向いてもらうためにプレゼントをあげたり」と貢ぎ癖を明かし、男性に財力は求めないとコメントしたものの、実際はお金を持っている男を狙っているのではと他の出演者に言われると、「テレ東時代の自分のお給料よりも高い人がいいです」とあっさり意見を変えていたのだ。

 また、今回の『ロンドンハーツ』は人気の「格付けしあう女たち」企画で、鷲見アナは昨年11月に放送された同企画にも出演していたが、この時も「相手の喜ぶようなことをしたいので、けっこう物を買ってあげたり」と、ほとんど同じ内容を話していた。テレ東時代から「出会いがなさ過ぎて、マッチングアプリ登録したことあります」と話すなどぶっちゃけキャラを続けてきた鷲見アナだが、そろそろ“ネタ切れ”が近づいているのかもしれない。

 17日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、男性が女性に送るLINEのメッセージを“ガチ添削”するという「3姉妹、赤入れさせてもらいます。」という新企画で、レギュラー出演者の指原莉乃、SHELLYと共にご意見番として登場したものの、ほとんど指原の独壇場に。番組中、12コ挙げられた「オトナ女子アドバイス」のうち、指原は7コ採用されたのに対し、鷲見アナのアドバイスは1コのみと、あまり目立つことができなかった。

 鷲見アナは、今年1月10日放送のスペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』(同)で本格的に女優に挑戦していたが、バラエティタレントとしてそろそろ限界を感じ始めているのかもしれない。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

鷲見玲奈アナ、今度はテレ東時代の年収を告白… ぶっちゃけキャラもそろそろ限界?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!