北川悦吏子氏、Kinki Kids・堂本剛に対する発言が「失礼すぎる」とファン反発… 「またか」との声も出るワケ

藤川響子

 脚本家の北川悦吏子氏がKinki Kidsの堂本剛に対して「失礼すぎる」発言をしたとファンから批判を受けている。

 ことの発端は北川氏の2月13日夜のツイート。自身が脚本を手がけた2006年のドラマ『たったひとつの恋』(日本テレビ系)の配信が同日よりHulu等で始まったことに言及し、主演のKAT−TUN・亀梨和也について「亀梨くん半端なくカッコいいです!」など盛り上がった後、「キンキの堂本くんも書きたくて書きたくて仕方のない時期がありました。青春もの。縁がなかったです」とつぶやいた。

 その数時間後、北川氏は先のツイートについて「あ、剛くんの方です。めっちゃ、美しい方ではなくて(失礼!)」と補足。KinKi Kidsの堂本光一を「美しいほう」とし、堂本剛を「そうではないほう」と位置づけているように読めるこのツイートに、剛のファンは激怒。北川氏に謝罪やツイートの削除を求めるリプライが100個以上つくなどちょっとした騒動となったが、今のところ北川氏のリアクションはない。

 北川氏は過去にもジャニーズ絡みでのツイートで騒がれたことがあった。19年9月24日、北川氏は「声の高さが微妙。落ち着かない。その役者さんを見ての私の感想。声の高さ、大事。あえて、そこに宛書きってのもあるのかもしれないけれど」とツイートしたのだが、ちょうどその時間にKing & Prince・永瀬廉主演の単発ドラマ『FLY!BOYS,FLY!僕たち、CAはじめました』(フジテレビ系)が放送中だったことから、永瀬に向けたコメントではと捉えられたのだ。

 北川氏は、フォロワーからの「私も先ほど観たドラマでそれを感じました」という返信に「えっ。シーーーッ」とコメントしたこともあって、やはり永瀬のことではと、ファンの怒りを買ってしまった。この時は該当のツイートを削除し、「永瀬廉さんのことではないです」「素材を見てくれと言われて見た、ミュージカルの役者さんについての感想です」と弁明していたものの、この説明に納得できない人は少なくなかった。

 北川氏は自ら「書くたびに炎上する私……」とツイートするほど、Twitterでの発言が賛否を呼びやすいことでも知られる。数々のヒット作を生んできた北川氏とはいえ、ジャニーズ絡みの失言があまりに続けば今後はジャニーズタレント作品に呼ばれなくなってしまう可能性もありそうだが、はたして……。

(文=藤川響子)

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

北川悦吏子氏、Kinki Kids・堂本剛に対する発言が「失礼すぎる」とファン反発… 「またか」との声も出るワケのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!