目黒蓮、ラウールに「うっぜーな」発言もただのイチャつき!? “恋愛に敵なし”強気発言に注目も

大西かずや

 Snow Manの“めめ”こと目黒蓮が2月10日発売の情報誌「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)内で『100問100答』企画を実施。その中で、メンバーのラウールとの関係性が明らかとなり、ファンの間で注目を集めている。

 昨年1月にCDデビューした同グループは、2009年に8人組の前身ユニット・Mis Snow Manを結成し、そのうちの岩本照、深澤辰哉、佐久間大介、渡辺翔太、宮舘涼太、阿部亮平の6名で12年に活動スタート。19年1月に別グループで活動していた向井康二、目黒、ラウールが加わり、現在のカタチとなった。

 同じ加入組であることや、最年少・17歳のラウールとの年齢差がメンバー内で最も近い(7歳差)というで、ファンから“めめラウ”と称されるなど大の仲良しであることが知られている目黒。

 そんなお互いの想いは本企画でもダダ漏れしてしまったようで、先週号でラウールが同じ企画を行ったときと同様、100問の回答のなかにお互いの名前が4回入っているという“偶然の一致”に同誌の編集部が気づき、そのことを「日頃から仲良しなことが分かるステキな結果に」と紹介。また同誌では以前、メンバーの渡辺が普段のふたりの様子を「大型犬がわちゃわちゃしている」と表現していた。

 そのような関係性が知られるなかで、「カメラロールに一番写っているメンバーは?」という質問に対してラウールの名を挙げつつ、「俺のケータイで勝手に自撮りしてるから。気付くとカメラロールにたくさん入ってて、『うっぜーな』とブツブツ言いながら消してる(笑)」と明かした目黒だが、「恋のライバルになりたくないメンバーは?」という質問には「いない! これはマジで、勝てる自信がある。若さだけはラウールにかなわないけど」と強気な発言をしていた。

 一方、先週号でラウールが「恋のライバルになりたくないメンバーは?」という質問に「結局は俺が勝つんだけど、めめはモテるだろうな~。日本で10本の指に入るモテ度かもしれない(笑)」と、目黒をヨイショしつつも自分に分があると語っていた。

 お互いに勝ち気な様子だが、先輩グループ・Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、メンバーが女性を相手に“自分がカッコイイと思う振る舞い”を演じ争う企画『キスマイBUSAIKUランキング』が好評を得ている。そのため、ふたりを含めたSnow Manメンバーによる同様の対決を実施しての“決着”を求める声も少ないようだ。

 今年1月にリリースした3rdシングル『Grandeur』は初週で約80万枚を売り上げるなど、デビューからの勢いが留まることを知らないSnow Man。女性からの“モテ”を意識し、メンバー同士で切磋琢磨することでさらなる飛躍に繋がることだろう。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

目黒蓮、ラウールに「うっぜーな」発言もただのイチャつき!? “恋愛に敵なし”強気発言に注目ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!