工藤静香&Koki,「母娘対立」疑惑を払拭! 木村拓哉が証言した“母娘の気の強さ”が報道の発端に?

斉木順
工藤静香&Koki,「母娘対立」疑惑を払拭! 木村拓哉が証言した母娘の気の強さが報道の発端に?の画像1

工藤静香 公式インスタグラムより

 一部女性誌で「母娘対立」が報じられた歌手の工藤静香とその次女のKoki,が、Koki,の誕生日にそろって買い物をしている姿をキャッチされた。相変わらずの仲良し母娘ぶりにファンは胸をなでおろしているようだ。

 今月2日に「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)が『Koki,と工藤静香、仲よし親子が“進路をめぐって激突”していた!』と報じ、モデル活動に専念したいKoki,とアメリカの大学に留学させたい工藤が衝突し、激しい言い合いをするなど「母娘対立」が起きていると伝えた。

 だが、発売中の「女性自身」(光文社)はKoki,の18歳の誕生日である今月5日に母娘そろって高級スーパーへ買い物に出かけた姿をキャッチ。母娘そろって上下黒に白のインナーというファッションで、それだけでも仲の良さが伝わってくるような写真となっている。

 また、記事に掲載された近所の住民の証言によると、親子で仲良く散歩している姿を頻繁に見かけるそうで、最近も近くの鮮魚店で楽しそうに買い物をしていたという。さらに、Koki,の誕生日当日には、工藤が自身のInstagramで「今日は、最愛の次女が生まれて来てくれた日です」「娘達が18歳を過ぎた頃に贈りたかった詩があります」などと愛情たっぷりに綴り、16年前の楽曲『大切なあなたへ』を紹介している。

 どうやら「母娘対立」にはなっておらず、相変わらずの仲良し母娘の様子。では、なぜ対立報道が噴出することになってしまったのか。その理由を推察するヒントは、工藤の夫である木村拓哉の証言にありそうだ。

 木村は2019年、事務所の大先輩である近藤真彦のラジオ番組にゲスト出演。近藤から「母娘のケンカは女同士だから激しい」という話題を振られ、木村は「ハンパないすよ。もうタメ(口)を越してケンカしている時もある」と発言した。

 ある時は、工藤が水回りの家事をしていたところ、近くで宿題をしていた娘に水滴が飛んだことで口ゲンカに発展。木村は「(娘が)『チッ、わざとかけてんじゃねぇよ』みたいな感じになって。そしたら(工藤が)『わざとそんなことするわけないじゃん』って。そうしたらまた(娘が)『わざとじゃなかったら飛んでくるわけないじゃん』となって」と、母娘ゲンカの様子をリアルに再現していた。

 見かねた木村が工藤の肩を持つ形で止めに入ったそうだが、娘は父をにらみつけて涙目になりながらその場を離れ、それから1カ月ほど口をきかなかったという。

 その娘が長女のCocomiなのか次女のKoki,なのかは明言されなかったが、近藤は木村の娘たちの気の強さについて「木村のDNAが入っているから」だと推測。しかし、木村は「それ、オレっすかね?」と不満げな様子で、それに近藤が「まあ、お母ちゃん(工藤)の方も結構(なDNA)だもんな」と同調したことで木村は爆笑。最終的に「CocomiとKoki,の気の強さは母譲り」という意見で一致していた。

 水滴が飛んだ飛ばないの話が“修羅場”レベルの母娘ゲンカになってしまうのだから、進路をめぐって意見が対立すれば相当な大ゲンカになるのは必至。それが周囲から「母娘対立」と見られてしまった可能性がありそうだ。

 だが、そうやってぶつかり合うのは愛情の深さゆえ。Koki,がどんな進路を選ぶことになるのかはわからないが、今後も「仲良し母娘」の絆は変わらなさそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

工藤静香&Koki,「母娘対立」疑惑を払拭! 木村拓哉が証言した“母娘の気の強さ”が報道の発端に?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!