めるる「彼氏いません」「カッサカサです」と清純派宣言! ゆきぽよら“奔放キャラ”と差別化で勢い加速か

斉木順

 モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠が、13日に放送された関西のトーク番組『おかべろ』(関西テレビ系)にゲスト出演。「彼氏いません」「カッサカサです」などと恋愛事情を明かし、完全に“フリー”であると宣言したことが話題になっている。

 同番組では、NON STYLE・石田明が「今どきのモデルらしい恋愛話を聞きたい」とリクエストするも、めるるは「実際のところ今、彼氏いません」と返答。ナインティナイン・岡村隆史が「でも、言い寄ってくる人とかいるでしょ?」と追及したが、めるるは「ほんとにまったくないんですよ。もうカッサカサです」と明かし、恋愛面で“乾燥状態”にあると主張した。

 続いて、理想の異性のタイプの話になると、めるるは「面白くて、優しくて……お父さんみたいな人」と回答。さらに「道に詳しくて、じゃんけんをしてくれる人。この2つがあればキュンとします」とも語った。

 じゃんけんが理想のタイプの条件になっている理由については「カップルがケンカした時に『じゃんけんで悪い人を決めようか?』って言って、『俺がチョキ出すから、グー出せよ』って言って、わざと負けるみたいな。これが最高なんですよ」と説明し、独特の恋愛観と天然ぶりをうかがわせている。

 ギャル系タレントといえば、奔放な恋愛事情をあけすけに語ってしまうセキララさが大きな武器。それが若者世代らしい等身大の魅力を生み出し、バラエティ番組などで重宝されてきたという面がある。

 しかし、めるるから飛び出したのは「彼氏いません」という“清純派宣言”で、ギャルモデルの先輩たちとは一線を画した路線が明らかになった。「理想のタイプはお父さんみたいな人」というのも、まるでアイドルの模範回答のようだ。

 これにネット上では「こんな可愛い子に彼氏いないなんて信じられない」「彼氏いないって公言してる子ほど男いたりする」といった疑いの声がある一方、男女双方から「見た目は派手だけど私生活はあまり遊んでなさそうで好感持てる」「本当に良い子そう」「カッサカサって言っちゃうのも天然ぽくて可愛い」といった好意的な意見が多く寄せられている。

 前述したようにギャル系タレントは奔放さがひとつのウリになるが、最近は“ゆきぽよ”こと木村有希が過去に親密にしていた男性が自宅で違法薬物を使用して逮捕されたことを報じられ、イメージが失墜する騒動があったばかり。ある意味では「潮目が変わった」ともいえる出来事で、視聴者も度を過ぎた「ギャルの奔放さ」に眉をひそめる傾向が強まっている。

 そういった空気感もあって、めるるの“清純派宣言”は好意的に受け止められているようだ。

 めるるの評判は業界内でも高いようで、12日に放送されたバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)では、平成ノブシコブシ・吉村崇が「可愛いから、そこにいるだけで周りのテンションが上がる」とべた褒め。バイきんぐ・小峠英二も「今のめるるちゃんは、ただそこにいて声帯を揺らしておけば成立する」「テレビ見てる人も『かわいいねえ』って思ってるんじゃないですかね」とメロメロの様子だった。

 先輩の“みちょぱ”こと池田美優と比べるとトーク技術などはまだまだという印象だが、だからこそ“清純派宣言”による差別化は今後において大きな意味を持つ。戦略として計算されたものなのか天然なのかはわからないが、時代の流れにフィットしたイメージの形成によって、めるるの快進撃は勢いを増していくことになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

めるる「彼氏いません」「カッサカサです」と清純派宣言! ゆきぽよら“奔放キャラ”と差別化で勢い加速かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!