上白石萌音も出演!? 広瀬すず&櫻井翔ドラマ「出演者盤石」でコケることは許されない?

新城優征

 女優・広瀬すずと嵐・櫻井翔のドラマが4月期に放送されると一部で報じられているが、ここにさらに豪華な女優が投入されるようだ。

 「週刊文春」2020年10月29日号(文藝春秋)は、日本テレビの4月期・日曜22時半枠が広瀬主演の『ネメシス(仮題)』になり、櫻井、そして橋本環奈の出演も内定していると報道。また、『SR サイタマノラッパー』シリーズや『22年目の告白 -私が殺人犯です-』といった映画の監督で知られる入江悠氏がディレクターで登板するとも伝えていた。

 昨年末には、櫻井が表紙と巻頭ページに登場した「Casa BRUTUS」(マガジンハウス)2021年1月号の中で、プロフィール部分に「4月からは日本テレビの連続ドラマで3年半ぶりの主演」と書かれていたことから、『ネメシス』は広瀬と櫻井のW主演になるのではとも囁かれている。

 広瀬、櫻井、橋本の共演だけでも話題性十分だが、このドラマのキャスティングはさらに華やかなものになるようだ。2月8日付の「日刊大衆」(双葉社)は、上白石萌音の出演も決まっていると報じている。上白石といえば、昨年の『恋はつづくよどこまでも』に続いてTBS系「火曜ドラマ」での主演作『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』が絶好調。14日から放送が始まるNHK大河ドラマ『青天を衝け』では篤姫(天璋院)を演じるほか、2021年度後期のNHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』でヒロインを務めるなど、今もっとも売れっ子と言える存在だ。

 上白石まで出演とはなんとも豪勢だが、しかし裏を返せば、これだけのキャストを揃えて“コケる”ことは許されないとも言える。日本テレビの「日曜ドラマ」枠は、2018年10月期の『今日から俺は!!』から『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』『あなたの番です』と3期連続で話題作が放送され注目を集めたが、現在放送中の『君と世界が終わる日に』は配信サービス「Hulu」との共同制作による大作ながら、視聴率や評判はいまひとつ。日本テレビとすれば、『ネメシス』で挽回を図りたいところだろう。

 現時点で懸念があるとすれば、『ネメシス』はドラマ後の映画化も見据えた大型プロジェクトだと「文春」が伝えている点だ。『あなたの番です』などで物議を醸した「続きはHuluで」形式の終わり方だと批判も巻き起こりかねない。『君と世界が終わる日に』もシーズン2をHuluで配信するという分割構成が賛否を呼んでいる。俳優陣と監督の名前だけでもどんな作品になるのか興味がそそられるだけに「続きは映画で」とならなければいいが、はたして……。

(文=新城優征)

<ライタープロフィール>
ドラマ・映画好きの男性ライター。Netflix配信の海外ドラマなどの取材経験もあり。とある現場で間近で見た山Pの美しさが忘れられない。

上白石萌音も出演!? 広瀬すず&櫻井翔ドラマ「出演者盤石」でコケることは許されない?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!