広瀬すず、新ヘアスタイル披露も賛否の声… SPドラマで「脇役に食われる」可能性も!?

大西かずや

 2月6日、女優の広瀬すずがInstagramを更新し、新たなヘアスタイルを披露。ところが、あまりに見た目が変化したため、ネット上では「これは失敗なのでは?」「ものすごくカワイイ!」などと賛否の声が飛び交っている状況だ。

 昨年までは髪の毛先が胸に届くほど長かった広瀬。1月26日に「私は髪をバッサリと切りました。楽ですねー。いつかお見せします!」と書いた手紙の写真を投稿し、ファンの期待を煽っていたが、新しいヘアスタイルは毛先を顎のあたりのラインで切りそろえたボブスタイルにパーマをあてたもので、ぱっと見では広瀬とわからないほどの変わりようだ。

 以前もショートボブにしていたことはあったものの、パーマなしのサラサラのストレートヘアだった。そのため、今回のヘアスタイルはファンにとって目新しいビジュアルとなったが、Instagramのコメント欄での評価は「正直、ロングの方が好きです」「プードルみたいでかわいい!」など、両極端に分かれてしまっている。

 広瀬はこの投稿に「パーマ先生」としか書き込んでおらず、思い切ったイメチェンの理由は明かされていないが、おそらく3月20日放送予定のスペシャルドラマ『エアガール』(テレビ朝日系)の役づくりのためなのだろう。

 同ドラマでは、パイロットを夢見ながらも「空を飛んでみたい!」という一心で、戦後初の日本の航空会社である『日本民間航空』でエアガール(現在のCA)を目指した女性役を演じている広瀬。昨年10月には、当時のヘアメイクやユニフォームを再現した姿でひとり写る写真が公開され、「レトロな雰囲気が似合ってる」「大和なでしこって感じだね」などと絶賛の声が集まっていた。

 ところが、2月7日に公開された写真では、エアガール同期役の山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花に挟まれるカタチで並び、いずれも159cmの広瀬より高身長のメンバーばかりのため、ネット上では「脇役に食われるのでは?」「存在感が薄れてしまう?」などと危惧する声も広まっているようだ。

 広瀬にとってテレビ朝日系列でのドラマ主演は今回が初となるが、同局では『科捜研の女』や『相棒』、『ドクターX ~外科医・大門未知子~』など長期にわたりシリーズ化する人気作を多く抱えるだけに、今作を足がかりに“お抱え女優”としてキャリアが安泰する可能性もあり得る。“低身長不利”というドラマ放送前の下馬評を覆し、セカンドブレイクに期待したいところだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

広瀬すず、新ヘアスタイル披露も賛否の声… SPドラマで「脇役に食われる」可能性も!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!