「竹内涼真の元カノ」に女性層から支持集中! 吉谷彩子、ドラマ掛け持ちで“カメレオン女優”ぶりが話題に

斉木順

 俳優の竹内涼真が放送中のドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)で主演を務めている裏で、衝撃的な破局劇が報じられた元カノである女優・吉谷彩子の評価が急上昇する事態が起きている。

 竹内と吉谷は約3年間にわたって交際を続けて「同棲」状態にあったとされたが、昨年5月に写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が竹内と女優・三吉彩花の熱愛をスクープしたことで破局していたことが明らかに。

 ただの破局ではなく、吉谷はコロナ禍のなかで同棲していた部屋から身ひとつで追い出され、ビジネスホテルや友人宅を泊まり歩いていると伝えられた。平たく言えば、吉谷は「ポイ捨て」され、竹内は三吉に「乗り換えた」ということになる。さらに、吉谷が立て替えていた約100万円の生活費を竹内が踏み倒そうとしたという疑惑まで報じられた。

 現在発売中の「FRIDAY」では『三吉彩花 竹内涼真とコロナ禍でも変わらず愛を育み、同棲も検討中?』と題した記事が掲載され、現在も竹内と三好はラブラブであると伝えられている。

 そうなると、どうしても吉谷を応援したくなるのが人情。実際、この騒動では吉谷に同情の声が集まり、特に女性層から「竹内涼真を見返してほしい」「この人には絶対売れてほしい」「あんな男忘れて幸せになってほしい」といった応援コメントがネット上で相次いだ。

 その応援の声が届いたのか、吉谷にはオファーが殺到中。現在も放送中の菅野美穂主演のドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(同)と、岡田結実主演の深夜ドラマ『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(同)に掛け持ちでレギュラー出演中だ。

 『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』では男を翻弄する美女を演じ、一方の『江戸モアゼル』では逆に男に振り回されるタイプの女性を好演。SNS上では「演技の振り幅がすごい」「作品ごとにイメージが全然違う」「『グランメゾン東京』や『ハケンの品格』に出てた人と同一人物だと気付かなかった」といった声が上がり、驚きの“カメレオン女優”ぶりでも話題を呼んでいる。

 一方、竹内は女性人気の低下を認識したのか、昨年11月に出演したイベントで「キャーキャー言われるのピークは2年くらい前に過ぎました」と自虐発言。大々的に宣伝を打った主演ドラマ『君と世界が終わる日に』も平均世帯視聴率が8%前後の低空飛行を続けており、全話一桁の大コケ状態になりそうな気配だ。こちらも吉谷を応援する女性たちの怒りの声が届いたのでは……と思える状況である。

 くしくも、同ドラマと吉谷が出演する「ビズリーチ」のCMがどちらも“ゾンビもの”になるという偶然も発生しているが、それが余計にふたりの対比を強めているともいえそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

「竹内涼真の元カノ」に女性層から支持集中! 吉谷彩子、ドラマ掛け持ちで“カメレオン女優”ぶりが話題にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!