ゆきぽよ、テレビから消える可能性も!? 出演番組で「アップ&喋るシーンなし」

宇原翼

 トラブルが立て続けに報じられているギャルモデル「ゆきぽよ」こと木村有希がテレビ番組から“消えた”と話題だ。

 注目されたのは2日放送のクイズ番組『そんなコト考えた事なかったクイズ! トリニクって何の肉!?』(テレビ朝日系)。ゆきぽよは若手芸能人から成る「トリニクダイヤモンド」の一員として以前から同番組に頻繁に出演しているが、この日にかぎっては、全体が映る引きの映像では姿が確認できたものの、彼女の姿をアップで映すシーンや、単独でコメントする場面は見当たらなかった。

 クイズに挑戦する芸能人は総勢20名におよび、出番が少なくなることは考えられるが、一切出番なしというのは異例。SNSでは、「もしかして、なるべくゆきぽよが映らないように編集してる? さっきからカット割りが不自然」「ゆきぽよのバッサリ編集がエグいな」「引きの全体では映るけど、一切コメント振りもワンショットもない」「見事な編集… 『アメトーーク』の宮迫を思い出した」「下段の霜降り明星抜かれてる時に後ろにゆきぽよって書いてるの映ってなかったら、いることすら気付かなかった」などの声が上がっており、違和感を抱いた視聴者は少なくなかったようだ。

 同日に放送された『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)では普通にゆきぽよが出演していたこともあり、「テッパンいただきますは出演者少なくて編集できなかったのかな」「トリニクではさっぱりカメラに抜かれてなかったのに、こっちはガッツリ使われるのね」と、『トリニク』での“不在”が余計に際立つ形となった。

 ゆきぽよの扱いをめぐっては、1日発売の「週刊ヤングマガジン10号」(講談社)の巻末グラビアに登場予定だったものの、別のタレントのグラビアに急きょ差し変わるという対応が取られたことも話題になったばかり。こうした動きは、2019年にゆきぽよ宅で親密な関係にあった男性がコカインを使用して逮捕されていたなどと「週刊文春」1月28日号(文藝春秋)が報じた影響ではないかと見られている。

 『トリニク』放送2日後の4日には、プロデュースした下着をめぐるトラブルを「週刊新潮」2月11日号(新潮社)に報じられたゆきぽよ。テレビ業界はますます敬遠ムードとなりそうだが、はたしてゆきぽよがMCのひとりを務める実験的恋愛ドラマバラエティ番組『夢みたいな恋したい女たち』(日本テレビ系、2月27日・3月6日)は予定どおり放送されるのだろうか……。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

ゆきぽよ、テレビから消える可能性も!? 出演番組で「アップ&喋るシーンなし」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!