『鬼滅の刃』作者・吾峠呼世晴氏が“引退説”否定!? 「いつかSFラブコメディを描きたい」

宇原翼

 興行収入368億円を突破し、国内の歴代興行収入記録を更新し続けている大ヒット映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。その原作マンガ『鬼滅の刃』(集英社)のファンブックが4日に発売され、作者・吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏のコメントが注目を集めている。

 今回発売になった『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弐』(同)は公式ファンブックの第二弾で、単行本に未収録となっていた話を収録。さらに主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)たちの“その後”を描く「炭治郎の近況報告書」など3本の描き下ろしマンガに加えて、キャラクターの裏話を解説する「大正(戦国も!?)コソコソ噂話」も収録され、同書で初めて明らかになる新事実もあるという充実の内容だ。

 カバーの折り返し部分には吾峠氏のコメントも収録されており、「最近また宇宙人ものの古い映画を見ていて、子供のころの印象と大人になってからの印象が全く違うのでびっくりしました」と近況を報告。続けて、「作者もいつか、読み終わったあと腹筋が8つに割れるようなSFラブコメディを描きたいです」と今後の展望を明かしており、SNSでは読者から「読みたすぎる」「待ってます」といった声が多く上がっている。

 昨年5月に完結した『鬼滅の刃』以降、吾峠氏の新規作品はまだ発表されていない。昨年5月には「週刊文春」(文藝春秋)が、吾峠氏が家庭の事情により「連載終了のタイミングで実家に帰るのでは」と報じ、さらに同年11月には「週刊新潮」(新潮社)が、吾峠氏は福岡の実家から「そろそろ身を固めては」と心配されたために東京を離れることになったとしたほか、「作品が大ヒットし、“やり切った”という思いも本人にあった」と伝えたこともあって、引退説も囁かれるようになった。

 吾峠氏は昨年12月、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』について「世の中にはこんなに凄いものを作ることができる人たちがいるんだ!と改めて実感し感動! しばらく震えが止まりませんでした。もっとがんばらねば!」などとコメントを寄せており、この内容から「引退はないのでは」と話題になったが、今回ファンに向けた書籍の中で「いつかSFラブコメディを描きたい」と今後についてより具体的に語ったことで、ファンも一安心と言えるだろう。もちろんリップサービスという可能性もあるが、吾峠氏の次回作を首を長くして待ちたいところだ。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

『鬼滅の刃』作者・吾峠呼世晴氏が“引退説”否定!? 「いつかSFラブコメディを描きたい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!