北川景子「産後5カ月で11kg減量」「育児が本当に大変」発言に心配の声…「無理しないで」

藤川響子

 女優の北川景子が3日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で産後の体型戻しや子育てについての苦労を語り、話題となっている。

 番組冒頭では、2年半ぶりに登場となった北川の変わらぬ美貌が話題に。昨年9月に第一子となる女児を出産したものの「全然変わんないのは何でだ?」とTOKIOメンバーは疑問に持ち、長瀬智也がダイエットについて「ストイックにやられてるんですか? 美容とか」と質問すると、北川は「やりました! 子ども産む前に撮ってた映画の公開の舞台あいさつがあって、それに立つために必死に。全力で」と返答。北川は産後わずか2カ月ほどで映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』の完成報告イベントに出席し、仕事復帰している。

 松岡昌宏から「ぶっちゃけMAXどれくらい太った?」と訊かれた北川は「13.5kg」とぶっちゃけ。「産んで2kgしか痩せなかった」ものの、「もうすぐ5カ月なんですけど、ようやく(出産前の体型に)戻ってきた」と、産後5カ月で11.5kgほど減量したと明かした。これに国分太一が「出産してまだ5カ月しか経ってないんですか?」と驚くと、長瀬がこの復帰の早さについて「自分の意志で?」と質問。すると北川は笑いながら「イヤでした!」と即答し、長瀬が「事務所のみなさーん。聞いてください、この心の言葉を!」と北川をフォローしてスタジオを笑わせた。

 北川は子育ての苦労も語り、「今までは仕事に行って帰ってきたら1日終わったって感じだったんですけど。仕事して帰ってきてから本当の1日が始まる」「ここから私の“本業”が始まるって。“本当に大変な仕事が今から始まる”みたいな。けっこう気合い入れてやらなきゃなって」と話し、寝不足の上に自分の時間もないと吐露。しかし仕事でストレス発散できている部分があるといい、「子供とずっといたいという気持ちもあるんですけど、でも仕事をやれてると安心する自分がいる」と話し、「両立をすごくうまくしたい……完璧主義なところで今ちょっと苦しんでるんですけど」「毎日不安と戦ってます」と正直な思いを打ち明けていた。

 ネット上では、「気持ちはわかる!! 大変だけど無理しすぎないでほしい」「人の目につく仕事だから余計にプレッシャーもあるんだろうね」「完璧主義者だと病んでしまわないか心配」と、北川に共感を覚えたり心配する声が多く上がっている。

 映画の舞台挨拶や宣伝のためのテレビ出演だけでなく、産後3カ月で映画『キネマの神様』の撮影に参加したとも、4月からTBSで主演ドラマが決まっているとも報じられており、かなり忙しい様子の北川。完璧主義とはいえ、心身を崩さぬように周囲の助けを借りてほしいものだ。

(文=藤川響子)

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

北川景子「産後5カ月で11kg減量」「育児が本当に大変」発言に心配の声…「無理しないで」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!