浜辺美波が“井森美幸化”? 話題のマンボダンスCMに「むしろ好感度上がった」の声も

宇原翼

 女優・浜辺美波が歌と踊りを披露するドコモ「d払い」のCMが「苦情殺到」と一部で報じられ、ネット上で話題となっている。

 話題となっているのは、1月22日から放送されている「はじめてのd払い」篇。誰もが知るマンボの名曲「マンボNo.5」に乗せて浜辺が踊り、「ディ、ディディディd払い~♪」と替え歌でドコモのスマホ決済サービスをアピールするという内容だ。

 2月2日、「Smart FLASH」(光文社)が<浜辺美波、「d払い」CMのマンボダンスに「嫌いになりそう」と苦情殺到>というタイトルでこのCMへの反応を取り上げる記事を配信した。好評の声もあるものの、大量にオンエアされているために「うるさい」「しつこい」といった声がSNSで多数上がっていると紹介。米倉涼子が出演している楽天モバイルのCMが「うるさい」というクレームを受けて音量が下げられたという例を出し、こうした苦情が多いとCM差し替えになるなどの可能性が指摘されている。

 この記事が話題になると、SNSでは、「確かに流す回数多すぎ」「そういえばよく見るね」とCMの出稿量の多さに賛同が集まる一方、「気にしたことなかった」「浜辺美波ちゃんが可愛いから気にならない」という声も多く上がっている。

 特に浜辺が苦手なダンスを懸命に踊っている姿は「不器用な感じが可愛い」「面白い」と好評なようで、中には「井森美幸のダンスを思い出す」「井森リスペクトかなと思ってた」「自分の中では井森美幸を思い出させて好感度上がってるんだけど」という声も。井森美幸がホリプロのオーディションを受けた際に披露した“伝説のダンス”を彷彿とさせると感じた人も少なくないようだ。

 浜辺は以前から運動が苦手なことを公言しており、2018年の映画『センセイ君主』で主題歌を担当したTWICEとのコラボ映像で踊った際にも、ダンスに対して「苦手意識が強くある」とコメント。共演した元AKB48・川栄李奈からは、同年の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で「ダンスは愛嬌って感じ。10段階で言えば、頑張りは10与えたいですけど、3~4という感じ」と辛口の評価を受けたが、一方で「可愛いからOK」とも言われていた。

 「東宝シンデレラオーディション」出身という正統派美女でありながら、ダンスはかなり不得意な浜辺。今回のCMによって、このギャップが魅力のひとつとして浸透することになりそうだ。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

浜辺美波が“井森美幸化”? 話題のマンボダンスCMに「むしろ好感度上がった」の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!