Snow Man『滝沢歌舞伎』大ヒット感謝祭“強行”にファン困惑 「行きたいけど緊急事態宣言中…」

宇原翼

 Snow Man主演の映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が“聖地”で特別上映されることが発表されるも、その日程にファンは困惑しているようだ。

 同作は、舞台『滝沢歌舞伎ZERO』を映像化したもので、昨年12月に全国191館の映画館で上映が始まると、1月29日時点で観客動員数およそ63.5万人、興行収入およそ19億円のヒットを記録。この盛況を受け、「大ヒット感謝祭in新橋演舞場」として、舞台が上演されてきた新橋演舞場での特別上映が決定した。

 新橋演舞場での特別上映は映画館での公開前となる昨年10月にも行われたものの、わずか4日間のみの開催だったために「行けなかった」というファンも続出したが、今回は13日間に拡大。2月20日~3月4日の期間限定上映となる。

 しかしこの特別上映が発表されたのは2月2日。同日夜に東京を含む10都道府県で緊急事態宣言が3月7日まで延長されることが決定したこともあり、この上映スケジュールにファンからは困惑の声が上がっている。座席収容率50%での上映が予定されるなどコロナ対策は万全のようだが、SNSでは「新橋演舞場で見たい! でも緊急事態宣言中……」「演舞場行きたいけど、コロナが怖いから迷う……」「おめでとう! でも嬉しい気持ちの反面、緊急事態宣言が延長されて複雑……行きたいけど……」と、複雑な心境を綴る声が多く上がっている。

 中には『滝沢歌舞伎ZERO』公式Twitterアカウントに対し、「本当に開催する必要があるのでしょうか?」「今は人が集まる場所を作らない方がいいのではないでしょうか」と疑問を呈する人も。都内在住ではないファンの多くは「この時期、さすがに東京には行けない」と慎重な姿勢だが、Snow Manはファンクラブ会員数37万人とも噂されているだけに、中には“聖地”での特別上映のために遠方から駆けつける人もいると思われ、「万が一」を心配する声もあるようだ。

 4月からは舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2021』の上演も控えているだけに、ジャニーズ事務所には一層の慎重な対応を求める声も多いが、はたして……。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

Snow Man『滝沢歌舞伎』大ヒット感謝祭“強行”にファン困惑 「行きたいけど緊急事態宣言中…」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!