高橋ひかる『レッドアイズ』で1年半ぶりドラマ復帰! バラエティでの大活躍に続いて女優として本格ブレイクなるか

斉木順

 放送中の連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)で約1年半ぶりに“ドラマ復帰”した女優の高橋ひかるへの注目度が急上昇している。バラエティでの大活躍に続き、女優としても本格ブレイクの機運が高まっているようだ。

 高橋は、2014年にオスカープロモーションの名門オーディション「国民的美少女コンテスト」でグランプリを獲得したことをきっかけに芸能界入り。大手予備校「代々木ゼミナール」や大鵬薬品工業「チオビタドリンク」などのCMに起用され、2017年に美少女タレントの登竜門といわれる「全国高校サッカー選手権大会」の13代目応援マネージャーに抜擢されるなど王道コースを歩んできた。

 ところが、各メディアで「ネクストブレイク最有力」と騒がれるようになった2019年、体調不良で芸能活動を休止。数カ月で復帰したものの、収録が始まっていたドラマを降板するなどしたことで大ブレーキとなった。

 活動再開後は、心機一転でバラエティ番組を主戦場に。10代の美少女らしからぬ“関西弁キレ芸キャラ”が話題となり、明石家さんまや内村光良らに高評価されたことで各番組に引っ張りだこの人気者になった。だが、昨年末に出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、大ブレイクになった1年を振り返って「女優なのに今年の演技の仕事ゼロ」と自虐をポロリ。完全に「バラドル」状態になっていることに複雑な思いを抱いているようだった。

 KAT-TUN・亀梨和也の主演で1月にスタートしたサスペンスドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』は、高橋にとって実に1年半ぶりとなるドラマ出演作。メインキャストではないものの、ヒロインの松下奈緒の妹役で、犯人に命を狙われる可能性が示唆されるなど重要な役どころとなっているようだ。

 高橋は1月30日に放送された第2話から出演し、ネット上の視聴者からは「想像以上に演技上手い」「めっちゃ可愛い」「松下奈緒の妹が高橋ひかるって美人姉妹すぎる」などと好評。同ドラマは初回から2話連続で二桁視聴率を記録するなど注目度が高く、世間に「女優・高橋ひかる」を印象付けるのにぴったりの場となっている。

 もし女優としても本格ブレイクとなれば、米倉涼子ら人気タレントの相次ぐ退社で窮地に陥っているオスカーの「救世主」になること間違いなし。今作でインパクトを残すことができれば、その可能性がグンと跳ね上がることになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

高橋ひかる『レッドアイズ』で1年半ぶりドラマ復帰! バラエティでの大活躍に続いて女優として本格ブレイクなるかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!