『PRODUCE 101』出演者が炎上! キス写真&“JO1悪口動画”拡散で選定に疑問の声

鈴木紬

 グローバルボーイズグループ・JO1を輩出したサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!ほか)の第2弾『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の練習生100人(1名辞退)のプロフィールが公開され、その人選が波紋を呼んでいる。

 1月30日に練習生のプロフィールが明らかとなり、翌31日にはナインティナインが司会を務める『国民投票開始カウントダウンSP』(GYAO!)が放送され、練習生がリモート出演。本日2月1日から10日まで最初の国民投票となる「オンタクト能力評価」が行われ、上位60人がトレーニングを受けられる次のステージに進出できるという。

 この「オンタクト能力評価」は、投票期間中毎日公開される様々なコンテンツを観て、国民プロデューサーとなるファンがグローバルボーイズグループのメンバーとしての可能性が見える11人の練習生に投票するシステムだ。

 元アイドルやバックダンサーなど「経験者が多い」と話題のSEASON2だが、加えて練習生の川村海斗、篠ヶ谷歩夢、田川祐輔、古江侑豊が恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました。』(ABEMA)に、島フリオ太一が『アオハルLINE』(同)に出演していたため、「アイドルを本気で目指してる人が、恋リアになんか出るかな」「ただ有名になりたいだけでは?」と疑問視する声も少なくない。

 なかでも、“ゆとち”の愛称でインフルエンサーとして活動してきた18歳の古江の参加が波紋を呼んでいる。

 古江は、かつてカップルユーチューバー“みゆとち”として活動しており、現在も当時の動画をYouTubeで見ることができる。

 昨年10月までは3人組ユーチューバーユニット「すこぶる三兄弟」としても活動しており、女性に関する過激な発言も多かった。解散報告時には、スカウトされた韓国の芸能事務所から「『ぜひオーディションを受けてください』って言われている」と明かしており、このときすでに『PRODUCE 101 JAPAN』への出演が決まっていた可能性もありそうだ。

 しかし、その後に行ったとされるインスタライブの動画が現在SNSで拡散されており、古江が「てか、俺さあ、似てるって言われて、JO1をちょっと見たんですよ、けっこう。みんな身長低い」と話していることから、「先輩になるかもしれないJO1をディスるメンバーを参加させないでほしい」「本気の練習生に失礼」とJO1ファンを中心に炎上状態となっている。

 そんなJO1に関しても、以前から「運営がファンの心理を理解できていない」「マネジメントがずさん」ともっぱらで、そういった点も『SEASON2』への不安を助長させている一因のようだ(関連記事 https://entamega.com/54800 )。

 カップルユーチューバー時代のものと思しきキス写真が出回るなど、先行き不安な古江。「アイドルを舐めてる」と批判もあるが、「オンタクト能力評価」では60人に残れるだろうか……。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

『PRODUCE 101』出演者が炎上! キス写真&“JO1悪口動画”拡散で選定に疑問の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!