手越祐也、赤西仁&錦戸亮にコラボの熱烈ラブコール! 突然の“すり寄り”をいぶかしがる声も

沖田義豊

 元NEWSの手越祐也が、同じジャニーズ退所組の赤西仁と錦戸亮に言及。「カッコイイ」を連発してべた褒めし、YouTubeでのコラボを希望するなど熱烈なラブコールを送っている。

 手越は27日、自身の公式YouTubeチャンネルに『【正直に言います】手越が注目しているYouTuberって!?』と題した動画を投稿。よく視聴しているYouTubeチャンネルとして、ヒカキン、はじめしゃちょー、東海オンエア、堀江貴文などの名前を挙げつつ、そのなかで「これいいのかな……別にいいよね」と若干躊躇しながら、赤西と錦戸が共同運営しているYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」をチェックしていることを告白した。

 手越は、赤西について「自分がやりたいことを、確かなものから飛び出して、こだわってやっている人の第一人者というイメージがあって」と語り、大手のジャニーズを辞めて自分の道を突き進んでいる退所組の先駆けであると評した。さらに「素直に男としてカッコイイ。そんなに喋ったことはなかったんですけど、赤西くんのダンス大好き!」などと、べた褒めしている。

 同じNEWSのメンバーとして活動していた時期もある錦戸に対しては「山下(智久)くんも一緒なんですけど、同じグループだったからこそのカッコよさ。元メンバーだからこそ知っているカッコよさがある」と話し、赤西と同じく褒めちぎっている。

 さらに、手越は「せっかくね……3人とも独立したし。独立した今だから別の刺激がもらえる」と赤西&錦戸とのコラボを希望。「(今は)話すこと思いつかない」としながらも「そこに面白さがあるし、お互いのファンに見たいって思ってもらえる気がする」と熱弁し、最後に「『NO GOOD TV』やりたいですね」とコラボに意欲を見せた。

 これにファンからは「楽しみ!」「ぜひコラボしてほしい」「山Pも合流したらいいのに」といった好意的な声が上がっているが、その一方で突然のべた褒め&コラボ希望をいぶかしがる意見も少なからずあるようだ。

 手越は昨年8月に発売したフォトエッセイ『AVALANCHE』(双葉社)で、錦戸について「ああ見えて自分では物事を決定できない優柔不断なところが少しあります」などと評し、赤西や渋谷すばるがジャニーズ事務所を辞めていなければ「今でも(錦戸は)絶対辞めていなかったはずです」と断言。人に影響されやすいという錦戸に対して「意外に自分で自分の人生を決められないのだな」という印象を抱いていることを告白していた。

 平たく言えば「ディスっている」わけだが、錦戸は同書の発売当日に行われたファンミーティングで「言いたいことはいっぱいあんねんけどな。変に伝わっても嫌やし、やめとこ!」としながら、明らかに手越を意識しているかのように「僕は絶対、エッセイは出しません!」と笑いながら宣言。これが手越への“反撃”ではないかと騒がれた。

 NEWS時代からの根深い確執があるともささやかれたが、手越が一転のべた褒めで錦戸にすり寄ってきたのだから不思議がる声が上がるのも無理はない。

 その理由については「手越のYouTubeの再生数が落ちてきたからでは」といった憶測も流れており、一時の爆発的な人気と比べると動画再生数がかなり落ち込んできたため、盛り返すために赤西と錦戸にコラボを持ちかけているのではないかとみられているようだ。

 コラボが実現すれば大きな話題になることは必至だが、はたして手越からの熱いラブコールに赤西&錦戸が反応することはあるのだろうか。
(文=沖田義豊)

<ライタープロフィール>
ジャニーズ好きの男性ライター。現役ジャニーズはもちろん、辞めジャニの動向チェックも怠らない。ライバルは青木源太アナ。

手越祐也、赤西仁&錦戸亮にコラボの熱烈ラブコール! 突然の“すり寄り”をいぶかしがる声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!