Creepy Nuts・松永「芸能人は一般的な人より繊細な人が多い」発言が波紋… 「有名税」問題が議論に

藤川響子
Creepy Nuts・松永「芸能人は一般的な人より繊細な人が多い」発言が波紋… 「有名税」問題が議論にの画像1

Creepy Nuts 公式サイトより

 お笑いコンビ・EXITとヒップホップユニット・Creepy Nutsが、冠バラエティ番組『イグナッツ!!』(テレビ朝日系)で芸能人に課せられる「有名税」について激論を交わし、話題となっている。

 26日深夜に放送された同番組では、お題を10文字ぴったりで表現する企画「森羅万象10文字委員会」というゲームが行われ、視聴者から寄せられた「芸能界」というお題に挑戦。EXIT・兼近大樹が先陣を切って「事実よりももりあがり」と回答し、「ウワサ話みたいなのがほとんど嘘じゃないですか」と説明した。

 これに「なんで嘘ってわかるの?」と訊かれた兼近は、昨年とある週刊誌に「ファンから逃走」と書かれたことについて触れ、「その日マジで映画観ただけだった」「全部ウソなのに、みんな信じるんですよ」と訴えた。兼近はさらにヒートアップして、指原莉乃との熱愛報道が出たことにも触れ、「あれもまったくゼロ! 連絡先も知らないし……」と改めて否定し、週刊誌などが報じるゴシップについて「事実とかは関係のない世界」と切り捨てた。

 Creepy NutsのDJ松永は、兼近の意見と近いかもと述べながら「有名税って割にあうの」という回答を披露。「芸能人だから飲み込まなきゃいけないことみたいなの、あるじゃないですか」「芸能界とか人前に立ってる人、平等に“心が強い”わけじゃないじゃないですか。むしろ心が繊細だから表現できるものがいっぱいあるわけで。何なら一般的な人より繊細な人がステージに立っている場合も多い」と熱弁。「そういう人に課せられる有名税って、けっこうキツい」と思いを吐露した。

 ネット上では「ミュージシャンは繊細な人が多いのは事実。そうじゃないと作詞作曲なんて出来ない」と松永の意見に同意する声が上がる一方、「みんな元々一般人なんじゃないの」「本当に繊細な人は芸能界にはいられないのでは」といった反論も上がっている。「一般的な人より繊細」という言い方に引っかかった人が少なくないようだ。

 「有名税」に対する考え方も賛否を呼んでいるようで、「ジャニーズ好きだけど、割に合わないと思う。居場所特定されたり、匂わせだと叩かれたり」という賛同の声がある一方、「一般人よりもいい思いをしてるでしょ」という声もある。出演者の中で唯一、EXIT・りんたろー。は「外に出ればモテるし、なんか発言すりゃそれが仕事になってお金がバンバン入ってくる。“もういいことしかないじゃん”って。だから、それくらいちょっと言われるのは我慢できるなって」と、芸能人であることのメリットが“有名税”というデメリットを上回っていることのほうが多いと主張していたが、この考え方に賛同する声のほうが多いようだ。

 たびたび議論に上がる「有名税」問題だが、まだまだ芸能人と視聴者の間には温度差があるのかもしれない。

(文=藤川響子)

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

Creepy Nuts・松永「芸能人は一般的な人より繊細な人が多い」発言が波紋… 「有名税」問題が議論にのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!