GACKT、空港検疫の対応の遅さに苦言も…「20分遅くなっただけで…」「小さいことでイラつきすぎ」と批判の声も

斉木順

 歌手のGACKTが、現在の生活の拠点にしているマルタ共和国から緊急帰国したことを報告。空港検疫所の対応の遅さにイラ立った様子で「英語の読めない上司が必要か?」などと、担当責任者に苦言を呈したことが物議を醸している。

 GACKTは27日、公式YouTubeチャンネルに「GACKT緊急帰国!!」と題した動画を投稿。「空港内の検査状況を伝えます」として現在の空港の様子などが紹介された後、検疫を終えた黒マスク&サングラス姿のGACKTが登場した。

 GACKTはぐったりした様子で「ホントに疲れましたよ」と第一声。着陸から空港での検疫を終えるまで「1時間ぐらい」かかったそうだが、もし担当者の対応がスムースであれば「20分は早かったんじゃないですか」として不満をこぼした。

 かなりイラ立っているようで、静かな口調ながら「僕を担当してる係の人(責任者)があまりにも“ピー”なお方で」「なんで英語の文章も読めないような人たちが責任者にいるんでしょうね?」と露骨に怒りをあらわにした。

 GACKTは、マルタ出国時に鼻に綿棒を入れて検体を採取するPCR検査を受け、メール形式の証明書を受け取っていたという。だが、検疫所でメールを見せると責任者が「PCRか抗原検査かどっちかわからない」などと言い、10分近くスマホのメール画面を確認していたそうだ。だが、GACKTによるとメール文面の最初に「PCR検査」と書いてあったという。

 不満を爆発させた一方、検疫所の一般スタッフに対しては「現場の人たちは一生懸命」「特に女性スタッフ。本当にキビキビと動いて、対応のスピードが早いんです。さすがだな、と思った」などと語り、現場を批判しているわけではないことを強調。だが、決定権があると思われる責任者に対しては「でもね、そこに英語の読めない上司が必要か?」「せめて何のことが書いてあるか分かる上司が必要なんじゃないですか。そんな人しかいないのか」「あんな責任者の下でやってる子たちが可哀想」と怒りが収まらない様子だった。

 当初はファンからねぎらいの言葉が集まっていたが、これがSNSなどで拡散されると批判の声が続出。ネット上で「この時期に帰国しておいて20分くらい遅くなっただけで…」「小さいことでイラつきすぎ」「今は作業に不慣れな人まで現場に駆り出されているかもしれないから仕方ないでしょ」「むしろ時間かかっても慎重に対応した責任者を褒めるべき」「GACKTが『ここにPCR検査って書いてありますよ』って言えば済む話だったのでは」といった厳しい意見が多く飛び交う事態となっている。

 GACKTといえば、今年の元日に放送された恒例特番『芸能人格付けチェック!2021お正月スペシャル』(テレビ朝日系)で個人連勝記録を「65」に伸ばし、あらためて“一流芸能人”であることを印象付けた。それだけに「検疫に1時間かかっただけでイラついている」ように見える今回の動画は“一流芸能人らしくない”と感じる人が少なくないようで、批判が集まる要因のひとつになってしまっているようだ。

 時期が時期であるだけに検疫を受ける側もピリピリムードになりやすいのは理解できるが、GACKTには余裕のある“一流芸能人”でいてほしいと考える人が多く、それが今回の騒動に影響したといえるのかもしれない。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

GACKT、空港検疫の対応の遅さに苦言も…「20分遅くなっただけで…」「小さいことでイラつきすぎ」と批判の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!