「日本アカデミー賞」草なぎ剛&二宮和也が選出で“SMAPvs嵐”の禁断対決へ! 授賞式中継で共演タブー解禁か

斉木順

「第44回日本アカデミー賞」の優秀賞が26日に発表され、優秀主演男優賞に嵐の二宮和也と元SMAPの草なぎ剛が選出された。新人俳優賞にはKing & Princeの永瀬廉が選ばれており、授賞式中継での現役ジャニーズタレントと「新しい地図」の“禁断の共演”がほぼ確実になったことが話題となっている。

 優秀主演男優賞には、小栗旬(『罪の声』)、佐藤浩市(『Fukushima 50』)、菅田将暉(『糸』)も選出されているが、もっとも注目されるのは『浅田家!』に主演した二宮と『ミッドナイトスワン』に主演した草なぎの新旧ジャニーズ対決だ。

 どちらも主演作が優秀作品賞に選ばれており、作品の評価も高いことから、ふたりのうちのどちらかが最優秀主演男優賞を獲得する可能性は十分。“SMAPvs嵐”という構図は話題性が高く、日本でもっとも権威のある映画賞でガチンコ対決となれば盛り上がること必至だろう。

 3月19日に行われる授賞式は例年、日本テレビ系でゴールデンタイムに中継される。今回はコロナ禍での開催ということでどのような形式なるのか不明な部分もあるが、例年通りなら壇上に優秀賞受賞者がずらりと並ぶ場面がある。そうなると、現役ジャニーズタレントの二宮と“辞めジャニ”で現在は「新しい地図」として活動する草なぎが横並びとなり、テレビで“禁断の共演”が実現することになる。

 ふたりが顔をそろえたなかで、もし草なぎが最優秀男優賞を受賞すれば「ジャニーズの面目丸つぶれ」という印象にもなりかねず、日本アカデミー賞協会員の投票で実施される選考はかなり注目を集めそうだ。

 また、新人俳優賞には『弱虫ペダル』に主演した永瀬廉が選ばれており、授賞式で若手ジャニーズと草なぎの貴重な“共演”が見られる可能性もある。いずれにしても、今回の授賞式は長らく続いていたジャニーズと「新しい地図」の“共演タブー”が解禁される記念すべき日になる可能性が高いようだ。

 がぜん、こうなると二宮と草なぎの対決の行方が気になるが、新旧ジャニーズで勝敗をつけると角が立つため、最多12部門で優秀賞を獲得している『Fukushima 50』の佐藤か11部門で12賞を獲得している『罪の声』の小栗が受賞するのでは……と推測する声もある。

 近年は権威が落ちてきたとも指摘されていた「日本アカデミー賞」だが、今回はさまざまな意味で注目を集めることになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

「日本アカデミー賞」草なぎ剛&二宮和也が選出で“SMAPvs嵐”の禁断対決へ! 授賞式中継で共演タブー解禁かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!