亀梨和也の新たな代表作に? 『レッドアイズ』1月期ドラマ初回視聴率「2位」の好発進

新城優征

 KAT-TUNの亀梨和也が主演する日本テレビ系土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』の放送が23日から始まったが、初回の世帯平均視聴率が12.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)だったことが明らかになった。

 この数字は、テレビ朝日系木曜ドラマ『にじいろカルテ』の初回12.1%を上回る結果で、1月期民放ドラマの初回視聴率では、TBS日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』の16.8%に続く2番目。前評判がそれほど高いとは言えなかったものの、蓋を開けてみれば好スタートとなった。

 それだけに、亀梨にとって久々の“当たり”作品となるとの期待も大きい。18年1月期の主演ドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)、二階堂ふみとのW主演作となった19年4月期の『ストロベリーナイト・サーガ』(同)など近作は視聴率が全話ひとケタの作品が続いた。

 日本テレビの土曜22時枠のドラマは視聴率が伸び悩むことが多いが、『レッドアイズ』は、天海祐希主演・林宏司脚本ということで注目を集めた2020年1月期の『トップナイフ』(初回13.0%)以来、1年ぶりとなる初回12%超えとなった。同枠での亀梨の主演作は、17年4月期の『ボク、運命の人です。』も初回こそ12.0%を記録したが、以降はひとケタに終わっている。初回14.3%、全話平均で10.7%を記録し、16年1月期のドラマ視聴率で2位となった『怪盗 山猫』のような成功を収めるか、あるいは『ボク、運命の人です。』のような運命をたどるか、注目される。

 もっとも、『レッドアイズ』は今のところ内容もおおむね好評だ。ストーリー自体には既視感があるという声も少なくないが、アクションシーンや展開のスピード感を評価する声は多く、ネット上には「まったく期待してなかったのにどんどん惹き込まれていった」「映画でよくある内容だけど、見入ってしまった」といった感想が上がっている。

 また、人気ラッパーが出演しているという点も注目だ。第1話では『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)への出演でも知られる輪入道(わにゅうどう)が容疑者役でゲスト出演。30日放送の第2話には、俳優として出演作を増やしつつある般若が凶悪犯役で登場する。SNSでは「般若と輪入道出すとかマジ神」「1話が輪入道さんで2話が般若さんだと!? もしやラッパー括りでいくんか!?」など、このキャスティングがヒップホップファンを中心に反響を呼んでおり、視聴者層を広げているようだ。

 いわゆる“刑事モノ”だけに、好評であればシリーズ化も期待できる。『レッドアイズ』は亀梨の新たな代表作となるのだろうか。

(文=新城優征)

<ライタープロフィール>
ドラマ・映画好きの男性ライター。Netflix配信の海外ドラマなどの取材経験もあり。とある現場で間近で見た山Pの美しさが忘れられない。

亀梨和也の新たな代表作に? 『レッドアイズ』1月期ドラマ初回視聴率「2位」の好発進のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!