三浦春馬さんと竹内結子さん『コンフィデンスマンJP』新作“出演”は確定!? 未公開映像で実現か

新城優征

 来年公開予定の長澤まさみ主演映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』に、昨年亡くなった三浦春馬さん、竹内結子さんの出演もあるようだと相次いで報じられている。

 フジテレビ系連続テレビドラマとして2018年にスタートした『コンフィデンスマンJP』シリーズは、19年に劇場版第一弾『ロマンス編』、昨年には第二弾『プリンセス編』が公開された。『プリンセス編』は公開日が延期となるなど新型コロナウイルスが暗い影を落としたが、興行収入は前作を大きく上回る38億円超となり、2020年の邦画興収ランキングでは3位となる大ヒットとなった。

 三浦さんと竹内さんは、それぞれ詐欺師のジェシー、スタアとして『ロマンス編』からシリーズに登場しているが、『英雄編』にも姿を見せるようだ。24日には「日刊大衆」(双葉社)が、26日には「女性自身」2月9日号(光文社)がそれぞれ、まだ準備稿の段階ではあるものの、脚本にふたりの名前があると報じた。

 双方が共通して伝えているのは、当初『英雄編』はジェシーとスタアが軸になる予定だったが、ふたりの急逝により脚本が全面書き直しになったという点。そして、それでもふたりは何らかの形で“出演”するという点も同じだ。

 「日刊大衆」によれば、キャストが多忙なため、3月中旬にクランクインし、4月中にクランクアップするという撮影スケジュールは動かせず、コロナ禍によってこれまでのような海外撮影も厳しいが、“三浦さんと竹内さんに捧げる作品に”と一同団結しているという。シリーズは当初から劇場版3作目での完結を予定していたとも伝えており、最後の『コンフィデンスマンJP』に気合十分のようだ。

 「女性自身」は、長澤ら主要キャストがジェシーやスタアについて振り返るシーンが用意されていると伝えている。未公開映像などを使用して“新しいジェシーとスタア”が見られる可能性も高いようだ。

 また、同シリーズでの三浦さんと竹内さんの起用は長澤が共演を熱望していたためで、特に三浦さん演じるジェシーは当初の予定では『プリンセス編』までの出演だったものの、長澤の後押しもあって『英雄編』でメインキャストになる予定だったとしている。長澤はふたりの訃報に強くショックを受けたが、“最後の接点”になった同シリーズで“再共演”をしたいと考えるようになり、スタッフもなんとかこれを実現させようと奔走したとか。

 シリーズのファンにとっても、完結作となるだろう『英雄編』にジェシーやスタアの存在は不可欠。キャスト、スタッフ、そしてファンのそれぞれの想いが込められた終幕を迎えることになりそうだ。

(文=新城優征)

<ライタープロフィール>
ドラマ・映画好きの男性ライター。Netflix配信の海外ドラマなどの取材経験もあり。とある現場で間近で見た山Pの美しさが忘れられない。

三浦春馬さんと竹内結子さん『コンフィデンスマンJP』新作“出演”は確定!? 未公開映像で実現かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!