有村藍里「整形崩れてきた?」の声に思いを告白… 前向きな言葉に共感の声が続々

斉木順

 女優・有村架純の姉でタレントの有村藍里が、整形手術を受けてから約2年がたったことへの不安や「整形崩れてきた?」といった心ない声に対し、思いを吐露したことが話題になっている。

 有村は24日付の自身のTwitterで「整形崩れてきた?顔戻った?という言葉をたまに目にします。正直『確かにそうかも…どうしよう』と不安になる時もあります」と告白。「手術して2年以上経っていますが、大体3年から5年かけてダウンタイムが抜けていき、それに加齢現象も加わるそうです。年齢を重ねれば人は変化していくよ。整形関係なくてもね」とも記し、見た目が変わっていく可能性あることを示唆した。

 続けて「そういう風に言えるまで少し時間が必要だったけど、今の自分もこれからの自分も受け入れて、出来る限りのアンチエイジングを楽しみつつ年齢を重ねていきたいです もちろん見た目のことだけじゃなく内面を磨いて!」と、内からも外からも美しくなりたいという思いを綴った。

 最後に、有村は「例え、顔が手術する前に多少なりとも戻ったとしても、これからの自分ならきっと笑顔でいられる気がする。たくさん考えて悩んで挑戦したからこそ、その心の余裕がほんの少し生まれたと思うから。それは確実に自信へと繋がったし、まだまだ足りないことはいっぱいあるけど少しずつ歩こうかなあって」と記し、ポジティブにツイートを終えている。

 有村といえば、口元のコンプレックスなどから2019年に美容整形手術を受けたことを公表。頭蓋骨を6分割して骨から輪郭を変えるという約6時間に及ぶ大手術で、ドキュメンタリー番組で密着映像が流されたことも反響を呼んだ。

 当初は整形手術に対して眉をひそめるような世間の反応もあったが、整形手術後に有村が「自然に笑えるようになった」「前向きな気持ちになれた」などと明かしたことで、同じようにコンプレックスに悩んでいる女性たちから支持が集まるように。整形手術を受けたことで、見た目の変化以上に精神面が変わったことをうかがわせていた。

 今回も不安を正直に告白しつつ、前向きな思いを綴ったことで共感の声が続出。ネット上では「藍里ちゃんのその考え方が好きです」「変わるのは生きてる証拠」「整形手術したことで心も強くなれたんだね」「内面も前向きで美しい」「藍里さんが時に休憩しながら、一歩ずつ進むのを見て勇気をもらってる人はたくさんいると思う」などと、好意的なコメントが殺到している。

 かつては数いるグラビアアイドルのひとりでしかなかった有村だが、現在は悩める女性たちに勇気を与える唯一無二の存在に成長している。見た目の変化だけでなく精神的な部分も含め、今後も彼女がどのように成長していくのか注目だ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

有村藍里「整形崩れてきた?」の声に思いを告白… 前向きな言葉に共感の声が続々のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!