有吉弘行が復活のキーマン? ゆきぽよ“尿検査”騒動、みちょぱ&藤田ニコルへの影響は…

大西かずや

ギャル系モデルでタレントの“ゆきぽよ”こと木村有希が、過去に警察から薬物の尿検査を受けていたことが発覚し、これを受けてネット上では「ギャル・タレント界に激震が走るのでは?」「出演枠が激減する可能性も?」などと憶測する声が飛び交っている。

 1月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、知人男性が2019年5月、ゆきぽよ宅にてコカインを使用し、泡を吹いて倒れたため病院に搬送。そこでコカインの陽性反応が確認されたため逮捕されたのだが、数日後にゆきぽよ自身も尿検査を受けることになったという。その結果は“陰性”だったものの、その知人男性には振り込め詐欺での逮捕歴もあるとのことだ。

 ゆきぽよといえば、バラエティ番組などで「歴代の5人の元カレのうち4人が逮捕された」と語り視聴者に衝撃を与えたことがあるが、ネット上では「ネタじゃなかったんだ!?」「ガチで裏家業の人と繋がりがあるの?」などと驚きの声が広まり、イメージダウンは必至となってしまっている。

 この騒動を受け、ゆきぽよは1月24日放送の情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)にVTR出演。「完全に信頼を無くしてしまい、あいつは終わったと思われても仕方がない」と語ったが、今回のスクープで“危険人物”と見なされ、今後メディアへの露出量が激減してしまうことも考えられる。

 また、ゆきぽよと同じく“ギャル・タレント”として活躍する“みちょぱ”こと池田美優にも、過去にバラエティ番組内で「元カレが少年院送りになった」というエピソードを披露したことがあるため、今回のように予期せぬ騒動を恐れて局側が敬遠することにもなりかねないだろう。

 さらに昨年7月放送のバラエティ番組『櫻井・有吉 THE夜会』(同)内では、みちょぱと藤田ニコルがゆきぽよについて「別ジャンル」と評する場面があり、今年1月23日に放送されたバラエティ番組『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)内で藤田が「(今は)ギャルではない」と、キャラ変しつつあることを主張していたが、世間的には同じカテゴリーに入ると判断され、今後は色眼鏡で見られてしまう可能性もあり得る。

 この“ギャルBIG3”とも呼べる売れっ子3人を特に重宝し、自身の冠番組で起用することが多いお笑いタレントの有吉弘行だが、今後、スポンサーや局側が二の足を踏んだ際、有吉が3人の出演をプッシュするか否かがギャル・タレントの行く末を決めることになるのかもしれない。

(文=大西かずや)

 

<ライタープロフィール>

大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

有吉弘行が復活のキーマン? ゆきぽよ“尿検査”騒動、みちょぱ&藤田ニコルへの影響は…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!