水卜麻美アナ、日テレが「フリー化」阻止に躍起… 大抜擢の『ZIP!』司会&幹部ポストで流出防げるか

斉木順

 日本テレビ系の情報番組で今春から司会アナが入れ替わることについて、一部メディアで「水卜麻美アナのフリー化阻止」の苦肉の策であると報じられている。何度もフリー転身のウワサが流れた水卜アナだが、異例の厚遇ともいえる今回の人事で「日テレの宝」の流出を止めることはできるのだろうか。

 日テレ系の情報番組は、今年4月から大幅に司会アナを入れ替える予定。『Oha!4 NEWS LIVE』の金曜メインキャスターを務めていた岩田絵里奈アナが『スッキリ』に異動し、『スッキリ』から水卜アナが『ZIP!』に異動。『ZIP!』の桝太一アナは日曜夕方の報道番組『真相報道バンキシャ!』に移る。

 このなかでもっとも注目すべきは、異例ともいえる水卜アナの人事。『ZIP!』の時間帯は『ズームイン!!朝!』や『ズームイン!!SUPER』の時代から、徳光和夫アナ、福留功男アナ、福澤朗アナ、羽鳥慎一アナと、男性アナウンサーが番組の顔を務めてきたからだ。

 大抜擢ともいえる水卜アナの『ZIP』への起用について、21日付の「デイリー新潮」(新潮社)は「民放No.1アナウンサーである水卜アナをフリー転身させないための苦肉の策」と指摘。バッシング覚悟で臨んだ『24時間テレビ』のチャリティーマラソンで世間からの反応が応援一色だったことや、先輩の青木源太アナがフリーに転身したことなどによって、水卜アナがフリーへの道を真剣に考え始めるようになったのだという。

 水卜アナといえば、オリコンの『好きな女性アナウンサーランキング』で5年連続1位になって殿堂入りを果たすなど、女子アナ界で圧倒的な人気を誇っている。支持層も偏りがなく、男性からも女性からも好かれている稀有なタイプだ。日テレにとっては「至宝」であり、手放したくないと考えるのは当然である。

 数年前にも水卜アナのフリー転身がウワサされたことがあり、その時に発表されたのが『スッキリ』の新MCへの抜擢だった。今回はさらなる“出世”ともいえる『ZIP!』への起用で、女子アナの枠を超えて「日テレの朝の顔」になる。

 しかし、局にとって心配なのは歴代の「日テレの朝の顔」がほとんどフリーになっているという点。羽鳥アナのようにフリー転身後にライバル局の朝の顔になり、同時間帯トップの人気番組にしてしまうようなケースまである。

 ただ、日テレは「フリー化阻止」のために待遇を改善しているようで、将来的な幹部ポストなどを用意することで人気アナの流出を防ごうとしているようだ。実際、桝アナは男性局アナで人気No.1といわれながら、まったくフリー転身に興味を持っていないといわれる。

 水卜アナにも、同じように幹部ポストが用意される可能性が高い。はたして彼女はこのまま日テレに骨をうずめるつもりなのか、それとも……?
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

水卜麻美アナ、日テレが「フリー化」阻止に躍起… 大抜擢の『ZIP!』司会&幹部ポストで流出防げるかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!