川口春奈、時速120キロのボールが指に直撃… 痛みこらえて撮影続行する姿に「プロ根性すごい」と驚きの声

斉木順

 女優の川口春奈が、YouTube撮影中に親指を負傷しながら撮影を続けたことに「根性がすごい」などと驚きの声が上がっている。

 川口は17日、公式YouTubeチャンネル「はーちゃんねる」に動画を投稿。人生初だというバッティングセンターを体験するという内容だ。

 バットを振った経験すらないという川口。最も遅い時速80キロのボールで空振りを連発し、負けず嫌いを発動させて「くっそう!」「できない!」などと叫びながらも必死にボールに食らいつこうとしていた。

 何とか初ヒットを飛ばすことに成功し、続く時速100キロでも2本のヒット。さらに、時速120キロで奇跡的に会心のヒットを放ち、調子に乗ったのか終了後に120キロに再挑戦することになった。ところが、川口がバットを振った瞬間にインコース気味に入ってきたボールが右手を直撃。川口は苦悶の表情を浮かべ、テンションMAXから一転、すっかりショボンとしてしまった。

 それでも川口は撮影を続行し、カメラに親指を見せながら「爪が……多分、中で割れましたね」と負傷の状況を報告。かなり痛かったそうだが、それを我慢しながら落ち着いた口調で「こんなこともありますよ」「野球選手の大変さ、そしてすごさを最後の一球で感じました」とまとめ、ラストに「最後、めちゃくちゃテンション低くてすみません!」と視聴者に謝罪した。

 次回の「ひとり焼肉企画」の予告映像では親指に包帯を巻いており、相当な痛みを伴うケガだったことがうかがえる。

 これにネット上では「120キロが親指直撃したのにプロ根性すごい」「120キロなんて野球経験者でもしんどいのに」「ちゃんと最後まで企画をやりきろうとしていて偉すぎ」「硬式じゃなくて本当によかった」といった驚きと心配の入り混じったコメントが続出している。

 また、バッティング未経験の女子でありながら120キロでヒットを飛ばしたことで「才能ある」「普通はできない」「続けていったらガンガン打てるようになりそう」といった声も。昨年末に元プロ野球選手の清原和博が公開したYouTube動画のバッティングセンター企画では、清原が硬式球の120キロに挑戦するもヒットが一本も出なかった。それと比較して、川口に野球の非凡な才能があるのではないかと推測する人もいるようだ。

 いずれにしても、120キロのボールが指に直撃しながらも撮影を続け、包帯を巻いて次の企画にも参加する川口のプロ根性は相当なもの。なぜ彼女が数多いる若手女優の中から頭角を現し、芸能界屈指の売れっ子に成長したのか、その理由の一端が垣間見えたともいえそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

川口春奈、時速120キロのボールが指に直撃… 痛みこらえて撮影続行する姿に「プロ根性すごい」と驚きの声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!