NHK・桑子真帆アナの“意外な過去”を暴露した男性に疑問の声相次ぐ「女々しい」

鈴木紬

 1月19日発売の「FLASH」(光文社)が、「NHK桑子真帆アナ“不倫デート”プリクラを入手『弄ばれた9年』男性が自嘲告白」と題した記事を掲載し、ネット上では桑子真帆アナウンサーへの同情ムードが漂っている。

 記事には、NHK・桑子真帆アナウンサーが大学1年生だった2006年に知り合い、東京アナウンス室に異動した2015年まで“弄ばれていた”という男性が登場。

 男性は当時のツーショットプリクラを提供し、「私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。恋人関係にはしてもらえなかった」「突然捨てられた」と恨み節を並べているほか、桑子アナがかつて3股交際していたことや、交際相手がいる男性と遊ぶことを「不倫デート」と呼んでいたことなどを暴露している。なお、この男性は現在、結婚しているという。

 ネット上では、男性に対し「彼女の活躍や現在彼氏がいることが悔しくてなのでしょうかね そして自分は今家庭がある…で、結局なにがしたいのか…女々しい男の子だね」「当時お互い結婚してないし、彼女問題ないよね。捨てられた腹いせ」「自分は結婚してるのに、まだ未練があるの?」といった声が相次ぎ、掲載した同誌にも疑問の声が上がっている。

 桑子アナといえば、2020年末の『紅白歌合戦』では総合司会を務め、プライベートでも俳優・小澤征悦と年内にゴールインするのではないかと一部週刊誌に報じられるなど、公私ともに順調なイメージ。男性がこのタイミングで暴露に踏み切った理由は不明だが、この報道をきっかけに不遇な扱いを受けないことを願うばかりだ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

NHK・桑子真帆アナの“意外な過去”を暴露した男性に疑問の声相次ぐ「女々しい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!