高橋一生「結婚できない理由」に女性ファンも納得!? 「ラーメンを麺から手作り」「トイレは素手で掃除」など偏執エピソード続々

斉木順

 今もっとも世の女性たちを夢中にさせているイケメンのひとりである俳優の高橋一生が、自身の「結婚できない理由」について言及。若干、恐ろしさすら漂うような「完璧主義者」ぶりで女性ファンをざわつかせている。

 話題になっているのは、15日に放送されたトーク番組『A-Studio+』(TBS系)での幼なじみの証言。幼なじみは高橋の人柄について「(高橋は)完璧主義だから、(友人が)部屋に行ってソファで寝転がっていても勝手に料理を出してくれる」と語り、続けて「お前が結婚できないのは完璧主義の性格のせい」と指摘。これに高橋は「自覚しております!」とカメラに向けて話し、スタジオの笑いを誘った。

 さらに、高橋は「同情されたり、他人に『よく頑張ったね』と言われるのが嫌」「人から教わるのも嫌いで独学でやりたい」と発言。10代のころ、アルバイト代の未払いをしていた社長を追いかけ、東京から名古屋まで行って払わせたとも語り、完璧主義者ぶりをうかがわせた。

 その性格は幼少期からのものだったようで、高橋は小学4年生の時に初デートした際のエピソードを披露。デート中、高橋は相手の女の子の鼻下にうっすらヒゲが生えているのが気になり、ふたりきりになったタイミングで指摘。結果、相手にビンタされた挙げ句、クラスの女の子グループからも「ひどい!」と責められたという失敗談を語った。

 また、別の番組では「“二郎系”のラーメンが大好きで、自宅で製麺機を使って麺から手作りで再現した」「スポンジより汚れが取れるので、トイレは素手で掃除している」「掃除機に『マサルくん』、洗濯機に『せんだくん』など独特の名前をつけている」といった驚きの一面を明かしたことも。料理や掃除などの家事が得意な男性はモテるといわれるが、高橋の場合はどこか偏執的な印象でドン引きする女性ファンもいたようだ。

 こうした高橋の性格が話題になると、ネット上の女性層から「彼氏ならいいけど、旦那さんにすると大変そう」「イケメンだけど闇が深そう」「こだわりが強すぎるタイプは結婚に向かない人が多い」「岸辺露伴を完璧に演じられた理由の一端がわかった気がする笑」といった声が。誰もが認める旬のイケメンでありながら、結婚できないことに女性たちも納得……という雰囲気になっている。

 また、高橋は2018年に映画で共演した俳優の佐藤健を自宅に誘ったことがあるそうだが、佐藤が多忙なこともあって当時は実現しなかった。だが、高橋は諦めずに「いつでも(佐藤に)来てもらえるように、仕事で夜遅くなってもほぼ毎日掃除している」とテレビ番組で語り、佐藤の来訪を待ちわびていることを明かした。これはうっかりするとホラーになってしまいそうな衝撃のエピソードとしてファンに知られている。

 17日にスタートした連続ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)でサイコパスな役柄を演じている高橋だが、私生活も一筋縄ではいかない超個性派タイプのようだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

高橋一生「結婚できない理由」に女性ファンも納得!? 「ラーメンを麺から手作り」「トイレは素手で掃除」など偏執エピソード続々のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!