鈴木亜美、待望のYouTube開設も… 激辛料理がテーマで「歌をメインしてほしかった」「歌手じゃなくなったの?」との声

斉木順

 歌手でタレントの鈴木亜美が、16日に公式YouTubeチャンネル「あみーゴTV」を開設。大好きな「激辛料理」をメインテーマにしたチャンネルで、初回は激辛オリジナルレシピを公開している。だが、一部の視聴者からは「歌をメインにしてほしかった」「歌手じゃなく激辛好きタレントになってしまったの?」と複雑な声も上がっているようだ。

 鈴木は「2児の母あみーゴTVの鈴木亜美です!YouTubeはじめました。激辛が得意なので、激辛料理にチャレンジしました」などと概要文を記しながら動画を投稿。初回は、激辛カレー&激辛カツのレシピと実食がテーマとなっている。

 鈴木は「具が唐辛子」という恐ろしく辛そうなカレーを作り、激辛の豚カツをそれにつけながら実食。味を自画自賛しつつ「このレベルだと『辛い』とは思わない」「辛いってどんな感じだったっけ?」と感想を語ったが、男性マネジャーが試食すると辛さのあまりせき込んでしまい、一般的には「激辛」であることが実証された。

 これにネット上では「ついにあみーゴがYouTubeやってくれた!」「激辛好きだから嬉しい」「激辛レシピが楽しみ」「ここまで激辛好きとは……!」といった声が寄せられている。鈴木は人気バラエティ番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)などで“激辛女王”としても活躍しており、筋金入りの激辛好きに反響が起きているようだ。

 その一方、ファンからは「テーマは歌じゃないの?」「激辛料理はたまにくらいで歌をメインにしてほしい」「年齢を重ねた今ならではの歌が聴きたいなあ」「あみーゴは青春時代に大好きだったから当時の思い出話とか聞きたい」といった声も。小室哲哉プロデュースでヒットを連発していた90年代後半のイメージが今も根強くあり、激辛女王としてよりも「歌手」としての顔を見たいというファンが少なくないようだ。

 2016年に7歳年下の男性会社員と結婚し、2児に恵まれて子育てで多忙なこともあって、最近は音楽活動からすっかり遠ざかっている鈴木。バラエティの激辛チャレンジ企画やドラマへのゲスト出演などで定期的にメディア露出はしているものの、歌声が聴けないのはファンとして寂しい思いがあるのだろう。

 だが、今回の公式YouTube開設に際してのネットメディアのインタビューでは「激辛以外では、『歌ってみた動画』や『子どもとの日常の動画』を配信したいなと思います」と語っており、どうやら歌声を披露する可能性はある模様。メインテーマは「激辛料理」であるが、いずれは往年のヒット曲や意外な楽曲を歌ってファンを歓喜させる……という場面もありそうだ。YouTubeを舞台にした、歌手・あみーゴの復活にも期待したい。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

鈴木亜美、待望のYouTube開設も… 激辛料理がテーマで「歌をメインしてほしかった」「歌手じゃなくなったの?」との声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!