本田翼、CMやバラエティは絶好調も主演SPドラマは大コケ… 「代表作のない人気女優」「可愛いだけ」の声も

斉木順

 女優の本田翼が主演したスペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』(日本テレビ系)が人知れず大コケしていたと伝えられ、驚きの声が広がっている。抜群の人気は誰もが認めるところだが、一部では「代表作のない人気女優」「可愛いだけ」といった声が上がるなど女優としての実力を疑問視する意見が寄せられているようだ。

 同ドラマは、合コンや飲み会がなくなって出会いの場を失った現代の男女たちが「マッチングアプリ」でつながるラブコメディ。プロフィールの“盛りテク”やメッセージの駆け引き、意外なタイプとの出会いなど、今まさに世の男女たちが気になっている要素を盛り込んだ意欲作だった。

 本田は同棲していた彼氏から別れを告げられた主人公・妙子を演じ、妙子がアプリで出会うイケメン男性役に杉野遥亮、男性に食事をおごらせることを目的にアプリを活用する女子大生役に山本舞香、思わせぶりな態度で男性を翻弄するミステリアス美女役に鷲見玲奈、肉体関係狙いでアプリを使っていると公言するチャラ男役に野村周平と、旬の美男美女がそろったキャスティング。

 放送時間も1月10日の日曜夜10時半からという好条件だったが、平均世帯視聴率は5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大惨敗になってしまったと伝えられた。

 本放送に先立って動画配信サービス「Hulu」で先行配信され、地上波放送後にドラマのその後を描いたオリジナルストーリーが公開されるという仕掛けもあったが、そちらもあまり話題になっていない状況だ。

 今作については、ネット上でも「マッチングアプリ使ってるのが美男美女ばかりで現実感がない」「続きをHuluで公開するの前提なのが…」「本田翼の顔でモテなくてアプリに頼るという設定に無理がある」といった否定的な声が少なからずあった。

 さらに「本田翼って可愛いけど女優としては…」「代表作はLINEモバイルとYouTube」「吉岡里帆と同じで代表作のない人気女優」「可愛いだけ」といった意見まで上がり、女優としての実力を疑問視する人も現れる事態となっている。
 
本田は誰もが認める「人気女優」だが、実際のところはCMやバラエティでの活躍が中心になっており、女優としての代表作はパッと思いつかないという人も多い。刑事ドラマ『絶対零度』シリーズ(フジテレビ系)のヒロイン役は当たり役となったが、シーズン3からの登場だったので「代表作」と呼べるかどうかは微妙。映画でも2014年に主演した『アオハライド』は話題になったものの、他の主演クラスの作品は今ひとつな結果が目立っている。

 CMやバラエティで大活躍し、公式YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」のチャンネル登録者数が220万人を突破するなど絶好調の本田。無敵の最強美女の唯一のウィークポイントは意外にも“本職”にあるのかもしれない。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

本田翼、CMやバラエティは絶好調も主演SPドラマは大コケ… 「代表作のない人気女優」「可愛いだけ」の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!