SPEED、未発表曲入りボックス発売も一世を風靡したグループとは思えない寂しい結果に…

宇原翼

 90年代後半にミリオンヒットを連発するなど一世を風靡した女性4人組ダンス&ボーカルグループ「SPEED」の結成25周年記念ボックスセットが13日に発売されたが、かつての人気グループとしては寂しい結果に終わりそうだ。

 13日に発売された『SPEED MUSIC BOX -ALL THE MEMORIES-』は全てのシングル・アルバム楽曲のオリジナルバージョンをCD8枚を使って完全収録。さらに未発表曲「Affection」が収録されるのに加え、今まで映像化されていなかった99年の千葉マリンスタジアムコンサートもBlu-ray Discで初パッケージ化されるなど、ファン垂涎の内容となっている。

 しかし、店頭に並ぶ12日付のオリコンデイリーアルバムチャートでは、同ボックスは初登場9位に。推定売上枚数は非公開だが、3位の売上枚数は8950枚となっているため、初動セールスはかなり厳しい数字と見られる。ボックス発表にあたっては公式サイトで大々的なカウントダウンを展開し、満を持しての発売だったことを考えると、“大コケ”と言えそうな結果だ。

 これにはプロモーション不足が原因との見方がある。上原多香子は不倫騒動の影響で芸能活動は休止状態、今井絵理子は参議院議員を務めており、新垣仁絵は事務所を退所しているため、稼働できるメンバーは島袋寛子だけであり、どうしても宣伝が弱い。目立った活動は、かつてのラジオ番組『ハイ!SPEEDで行こう!』(ニッポン放送)を1月3日に島袋ひとりで限定復活させた程度だ。島袋は8日放送の『UTAGE!』4時間スペシャル(TBS系)にも出演したが、SPEEDの曲を披露したわけではなく、これはソロ活動の一環と言えるだろう。

 また、ほとんどのファンにとってお目当ては今回が初出しとなる未発表曲とコンサート映像だけだが、ボックスがおよそ2万円と高額なことも購入をためらわせる要因となっていそうだ。加えて、上原や今井が起こした不倫騒動により近年はイメージも悪化しており、ネット上では「昔は大好きだったけど今は……」「大ファンだった。多香子と絵理子がやらかさなかったら喜んで買ってただろうな……」「今これ出して需要あるの?」など厳しい意見も目立つ。

 特設サイトでは、SPEEDに憧れて沖縄アクターズスクールに入学したことでも知られるLiSAもリスペクトを込めたコメントを寄せているが、25周年記念ボックスの“不発”は「SPEED人気も今は昔」という現実を際立たせてしまう結果となったようだ。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

SPEED、未発表曲入りボックス発売も一世を風靡したグループとは思えない寂しい結果に…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!