日向坂46・齊藤京子、初写真集が異例の「12.5万部」大規模スタート! ファンはメンバーの写真集ラッシュに期待

斉木順

 人気アイドルグループ「日向坂46」のメンバー・齊藤京子の1stソロ写真集『とっておきの恋人』(今月19日発売/主婦と生活社)の初版部数が11.5万部となり、さらに1万部の発売前重版が決定し、計12.5万部という異例の大規模スタートになることが14日にわかった。

 同写真集は、齊藤がレギュラーモデルを務めるファッション誌「ar」(同)の編集部スタッフが制作。グループ初のソロ写真集ということで早くからファンの期待を集めていたが、大胆な水着ショットや清純派で知られる同グループとしては禁断ともいえる“純白ランジェリー姿”などが解禁されたことで話題を呼び、予約が殺到したために発売前重版が決定したようだ。

 計12.5万部というと、欅坂46の元メンバー・長濱ねるの初写真集『ここから』(講談社)の初版12万部、乃木坂46の元メンバー・白石麻衣の2nd写真集『パスポート』(同)の初版10万部を超える大規模スタート。

 一昨年に発売された乃木坂46・生田絵梨花の2nd写真集『インターミッション』(同)は、講談社の歴史において女性ソロ写真集史上最多となる初版20万部を記録したが、その生田ですらも1st写真集『転調』(集英社)の時は初版が10万部を下回っていた。

 かねてからの出版不況に加え、接触商法が封じられたことでアイドルビジネス自体が冷え込んでいるという事情もあるだけに、グループ初のソロ写真集のスタート部数としては特筆すべき数字といえるだろう。

 先陣を切った齊藤の写真集が発売前から大ヒット確実となれば、他のメンバーたちもそれに続き、ソロ写真集ラッシュになる可能性が高い。早くも、ネット上では「こさかな(小坂菜緒)の水着写真集がきたら事件になる」「かとし(加藤史帆)の写真集も出ないかな」「みーぱん(佐々木美玲)の写真集をお願いしたい」といった声が飛び交っており、ファンが期待を寄せているようだ。

 内部のゴタゴタによって「欅坂46」から改名再スタートするも今ひとつ方向性が定まっていないように見える櫻坂46に代わり、坂道シリーズにおいて乃木坂46に次ぐ存在に成長している日向坂46。「今もっとも勢いのあるアイドルグループ」とまで称されているが、メンバーのソロ写真集ラッシュとなれば、その勢いはさらに加速しそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

日向坂46・齊藤京子、初写真集が異例の「12.5万部」大規模スタート! ファンはメンバーの写真集ラッシュに期待のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!