菅野美穂、バラエティで「芸人超え」の大暴れ連発! 飾らない性格で好感度が爆上がり

斉木順

 女優の菅野美穂が本格復帰に伴ってバラエティ露出を増加させ、その大暴れっぷりと飾らない人柄で好感度を急上昇させている。

 昨年は夫の堺雅人が主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の撮影などで多忙だったこともあり、子育てと主婦業を優先してほぼ休業状態だった菅野。「今度は妻の番」と言わんばかりに今年に入ってからはフル回転状態となっており、13日夜には約4年ぶりの主演ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)がスタートする。

 番組宣伝を兼ねてバラエティや情報番組にも出演しまくっているが、その弾けっぷりに対して「芸人以上の暴れっぷり」「もう大女優クラスのはずなのに頑張りがスゴい」「家庭がめっちゃ楽しそうで堺雅人が羨ましい」などと大きな反響が巻き起こっている。

 11日に放送されたトークバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、子育ての奮闘エピソードを披露。5歳の男の子と2歳の女の子がおり、日常について「すぐ家が汚くなる。片づけ地獄」と実感を込めて語った。

 幼稚園の送り迎えや買い物には電動自転車を使っているそうで、スタジオで“華麗なママチャリテクニック”を披露することに。ところが、くりぃむしちゅー・有田哲平に激突するなど大暴走し、有田から「結婚してからおかしくなったぞ!」とツッコミを入れられる“自転車コント”状態となった。

 昨年末には、年越し特番『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(同)に出演。鬼越トマホークの“けんかネタ”で「お前、日本の女優の中で一番バカなイメージあるぞ」と言われながら変顔を見せつけたり、髪を振り乱して大股開きしながらココリコ・遠藤章造の持ちネタ“ほほほ~い”を全力で披露したりと大暴れし、出演者や視聴者を爆笑地獄に陥れた。

 菅野ほどのキャリアと人気があり、夫も日本屈指の人気俳優となればもっと「大女優」ぶっていてもおかしくない。しかし、菅野は番宣でのバラエティ出演であっても常に全力投球。極楽とんぼ・加藤浩次は「番宣目的でバラエティに出演する女優さんは気取っていることが多いが、菅野美穂は芸人よりも頑張る」と評し、バラエティ適応力のあまりの高さによって“芸人殺し”とまで称されている。

 飾らない性格と天然系の明るいキャラクターで男女双方から好かれ、ふたたび好感度が爆増している菅野。昨年は夫の堺が『半沢直樹』で大ブームを巻き起こしたが、今年は菅野が大暴れしまくることになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

菅野美穂、バラエティで「芸人超え」の大暴れ連発! 飾らない性格で好感度が爆上がりのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!