雨上がり決死隊・宮迫博之、山口智充と「くず」復活で高評価殺到! 再結成で「音楽番組からテレビ復帰」の可能性も

斉木順

 雨上がり決死隊の宮迫博之が、自身のYouTubeチャンネルで“ぐっさん”こと山口智充との音楽ユニット「くず」を復活させ、一夜限りのライブを披露。12日時点で100万回近い再生回数を叩き出し、絶賛コメントが殺到したことで「テレビ復帰の起爆剤になるのでは」と話題を呼んでいる。

 宮迫は9日、自身のYouTube公式チャンネル「宮迫ですッ!」に「【くず】ワンナイト限りのスペシャルライブを開催しました」と題した動画を投稿。往年の人気バラエティ番組『ワンナイR&R』(フジテレビ系)から誕生したユニット「くず」の復活ライブを配信した。

 ふたりのライブはデビュー曲『ムーンライト』から始まり、トークを挟みながらそのカップリング曲『お前からの手紙』、そして同ユニットの最大のヒットとなった『全てが僕の力になる!』の全3曲を披露。全盛期と変わらぬ歌声とハーモニーに「お二人とも変わらずの上手さ」「当時を思い出してこみ上げてくるものがある」「最高としか言いようがない」などと絶賛の声が殺到している。

 12日現在、動画には5万6千件を超える「高評価」がつけられており、それに対して「低評価」は560件ほど。「闇営業」問題で吉本興業を退社して以来、アンチが増えたといわれる宮迫への反応としては特筆すべき「好印象」一色の状態だ。

 現在、宮迫の活動はYouTubeが中心で地上波テレビにほとんど出演できていない状況が続いており、その背景にはテレビ各局の吉本興業への「忖度」があるとされている。契約解除後の記者会見で吉本に弓を引くような発言をしたことで、両者の間に深い確執が生じたと推測されているためだ。

 だが、今回の動画に出演した山口は現在も吉本興業の所属。吉本のマネジャーが現場に同伴していることも、以前の山口とのトーク動画で明かされている。となれば、吉本との確執はテレビ各局が考えるほど根深くはないのかも……と想像できる。とはいえ、バラエティは「吉本ありき」で成り立っている番組も多く、確執がそれほど根深くないとしてもテレビ各局は宮迫の起用に及び腰になってしまうのだろう。

 しかし、今回のライブ動画が大好評となったことをきっかけに、業界内では「音楽番組なら復帰できるかも」という声が噴出している。往年のヒット曲を放送する歌番組に宮迫が「くず」として出演するというパターンなら、局上層部からもゴーサインが出るのではないかと分析する意見が上がっているようだ。

 宮迫は「テレビ復帰」を最終目標として掲げており、昨年末にロンドンブーツ1号2号・田村淳の働きかけによって地上波バラエティ番組にテレビ電話で出演。久々の「地上波復帰」となったが、やはりバラエティでの本格復帰はまだまだ遠い印象だった。

 今回の復活ライブは「ワンナイト限り」と題しているものの、宮迫が「コロナをやっつけることができたら(お客さんを入れて)ライブしましょう」と呼びかけ、山口が「楽しみにしてます」と快諾するシーンがあった。どうしてもテレビに戻りたい宮迫にとって、くず復活が起死回生の一手となる可能性もありそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

雨上がり決死隊・宮迫博之、山口智充と「くず」復活で高評価殺到! 再結成で「音楽番組からテレビ復帰」の可能性ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!