中村倫也の新たな当たり役に? 『凪のお暇』作者原作の実写ドラマ主演に「最高が約束された」の声

新城優征

 俳優の中村倫也がテレビ東京系連続ドラマ『珈琲いかがでしょう』で主演を務めることが発表された。同作は、TBSでのテレビドラマ版も人気を博した『凪のお暇』(秋田書店)などで知られるマンガ家・コナリミサトの同名作品(マッグガーデン)を実写化したもので、期待の声が高まっている。

 同作は、“幸せを運ぶ移動珈琲店”を主軸に、各地で出会うさまざまな客との悲喜こもごもが描かれるヒューマンドラマ。以前から原作ファンの間では、主人公である店主の青山一(はじめ)が「中村倫也にしか見えない」との声が上がっていたこともあり、理想的な実写化だろう。原作ファンからの声は中村の耳にも届いていたそうで、中村は「お待たせしました」とコメントしている。

 中村は2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演で知名度が一気に拡大。近年は主演作や主要キャストでの出演も増え、売れっ子俳優としての地位を確立した。一方で昨年は『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)、『この恋あたためますか』(TBS系)での“オレ様イケメン”キャラがファンの間でも賛否を呼んだ。『半分、青い。』や『凪のお暇』で見せた、穏やかなゆるふわ系男子の役どころのほうが“ハマっている”という意見は多く、「中村倫也にオレ様は求めてない」といった声もあった。

 特に、昨年末に放送され、先日再放送もされたばかりの『岸辺露伴は動かない』(NHK)で中村演じる“非オレ様”の良さを再認識した人も少なくなかったようだ。「岸辺露伴のふんわり彼氏、凪のお暇のゴンさんみたい」「やっぱりふんわりした中村倫也って最高」と喜ぶ声が上がっている。

 『珈琲いかがでしょう』の青山は、穏やかな“ゆるふわ系”と言える要素がある。さらに、実は秘められた過去を背負っているという設定もあり、カメレオン俳優と称される中村の演技力が存分に生かせる役どころでもある。「ゆるふわ倫也とヤバい(あえて明言は避ける)倫也と同時摂取できるから……最高が約束された」と鼻息の荒いファンもおり、中村にとって新たな当たり役となる可能性も高い。

 同作は、『モテキ』『バイプレイヤーズ』『きのう何食べた?』などテレビ東京ドラマのヒットを生んできた阿部真士氏がチーフプロデューサーを務め、監督・脚本に映画『かもめ食堂』『めがね』『彼らが本気で編むときは、』などの荻上直子を迎えるという布陣に、ドラマファンからの注目度も高い。2021年の話題作のひとつとなりそうだ。

(文=新城優征)

<ライタープロフィール>
ドラマ・映画好きの男性ライター。Netflix配信の海外ドラマなどの取材経験もあり。とある現場で間近で見た山Pの美しさが忘れられない。

中村倫也の新たな当たり役に? 『凪のお暇』作者原作の実写ドラマ主演に「最高が約束された」の声のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!