関ジャニ∞が公式インスタ始動で他グループも続く? ジャニーズのネット進出加速か

宇原翼

 関ジャニ∞が1日、公式Instagramアカウント開設を発表。同グループのSNS進出はこれが初めてで、ファンからは喜びの声が上がっている。

 関ジャニ∞は、メンバーの大倉忠義が主演するドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)の主題歌「キミトミタイセカイ」を2月10日に発売することをアナウンス。合わせて、「関ジャニ∞を今まで以上に身近に感じてもらうために」として公式Instagramアカウントの開設も発表された。

 自主レーベル INFINITY RECORDSの公式Twitterアカウントを昨年5月から始動させてはいたが、グループとしてSNSを始めるのはこれが初。関ジャニ∞は早速、ストーリーズ機能を使って「ご挨拶」とする動画を公開しており、「テレビとか他のコンテンツでは見れないものにチャレンジしたい」などと意気込みを見せている。3日には、同日から期間限定でネット配信されている年越し企画『完全版!ジャニーズカウントダウン2020→2021』と連動するような投稿をし、4日には、同日に新型コロナウイルスに感染したことを報告した横山裕からのメッセージが掲載されるなど、うまく活用できている様子だ。

 関ジャニ∞のInstagram進出にはファンから驚きと喜びの声が多く上がり、「インスタ開設」がTwitterのトレンド入りも果たすなど反響を得ているが、これは、ジャニーズ事務所がまだまだネット展開に対して消極的だと評価されていることの裏返しでもあるだろう。

 だが、2021年以降はこの評価も変わっていくのかもしれない。次はHey! Say! JUMPがInstagramに進出するのでは?と見られているからだ。実は昨年、一部ファンの間で関ジャニ∞のものではないかと囁かれたアカウントがあり、これが今回明らかになった公式と同じアカウント名だったことが指摘されている。発見された当時は投稿やフォローはゼロで、プロフィール画像もない“準備中”の状態だったが、昨年2月には同様にHey! Say! JUMPのものと見られる“準備中”アカウントが発見されているため、これも本物ではないかと改めて注目されている。

 ネット上では「サブスク解禁も近い?」と、サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミング配信も解禁されることへの期待の声も高まっているが、2021年はジャニーズ事務所のネット展開における変化の年となるのだろうか。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

関ジャニ∞が公式インスタ始動で他グループも続く? ジャニーズのネット進出加速かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!