関ジャニ∞、大倉忠義の退所説に言及! 「よくネットニュースで目にする」

宇原翼

 関ジャニ∞が28日に放送された『しゃべくり007 年末2時間半SP』(日本テレビ系)の中で、大倉忠義に囁かれている退所のウワサに言及し、話題となっている。

 関ジャニ∞は「5人揃ってトークバラエティ初出演」という触れ込みで登場したため、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也らが「初めてなの!?」と驚くことに。5人体制になってからは初めてという意味だと説明すると、メンバー脱退が続くジャニーズグループの話になった。

 上田は「KAT-TUNとかNEWSとかが番組に来てくれるたびに『もう絶対減りません!』と(言ってたのに脱退があった)」と話を振ると、村上信五は「我々は最後の砦ですから」とコメント。しかし、上田が「大丈夫? これ以上減らない?」と追及すると、村上は「ちゃんと言うときます。『わかりません』!」と言い放ち、スタジオを笑わせた。

 ネプチューン・堀内健から「次に抜けそうなの誰なの?」と切り込まれると、村上と横山裕は大倉のほうを向き、「よく報道されてるんですよ」と言及。大倉は「“次期脱退”っていう……」と退所のウワサが流れていることを認め、続けて笑顔で否定した。

 この話題について横山は「よくネットニュースみたいなんで、“大倉が抜けたい”みたいなんを僕らも目にしてるんですけど。本人には聞きづらい」と苦笑し、「だから今、初めて言ってるんです」と、この場を借りてようやく質問できたと明かした。村上が「俺は(大倉に直接)訊きましたよ。『あんなん、ないよないよ』って言うてた」と話すと、横山は「“ないよないよ”が“ある”からね」と、否定していても信用できないとネガティブに呟き、冒頭の“否定していたグループから脱退者が出た”という話に遡るオチをつけた。

 大倉の脱退説は、2018年に大倉が一部の過激ファンによる過剰なつきまとい行為に苦言を呈し、「そろそろ限界」と会員制公式ブログでこぼしたあたりから囁かれるようになり、昨年3月には「週刊女性」(主婦と生活社)がこれを理由に脱退の可能性があると報じた。以降、錦戸亮やTOKIO・長瀬智也の退所が発表されるたびに、次は大倉では?と報じられてきた。

 今年7月にも同様の記事が出たためか、大倉は8月、ブログで退所説をきっぱり否定。しかしテレビで関ジャニ∞自らこの話題に触れたのは異例だ。ただのウワサだと放っておく選択肢もあったはずだが、近年ジャニーズ事務所からは退所者が相次いでいるだけに、今回の『しゃべくり007』でのひと幕は、公に態度を表明しておく必要があると考えた結果の発言だったのかもしれない。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

関ジャニ∞、大倉忠義の退所説に言及! 「よくネットニュースで目にする」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!