SexyZone・菊池風磨が中島健人の「アソコ」をツンツン! 「地上波なのに」と視聴者騒然

北河花
SexyZone・菊池風磨が中島健人の「アソコ」をツンツン! 「地上波なのに」と視聴者騒然の画像1

Sexy Zone・菊池風磨 ポニーキャニオン 公式サイトより

 ジャニーズの5人組アイドルグループ・Sexy Zoneが、12月25日に放送された『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』(テレビ朝日系)に生出演。最新シングル曲「NOT FOUND」のパフォーマンスのラストで“ふまけん”こと菊池風磨と中島健人の“戯れ”にファンがザワついている。

 メンバーの松島聡にとっては復帰後初の『Mステ』となったが、マリウス葉が今月活動休止を発表したため、この日は4人で登場。
「NOT FOUND」の歌い終わりで全員がカメラ目線をキメる場面では、中島が菊池の鎖骨部分をトントンとノックした。

 すると次の瞬間、菊池が中島の乳首を人差し指でツンツンツン……。予想外のお返しに中島は笑うしかなく、佐藤勝利は菊池の手元を“二度見”していた。

 ネット上では、「つつかれた健人が、嬉しそうにニッコニッコ笑ってるよ」「ちょっ、地上波だから自重してw」「これだからふまけんは最高」「勝利くんが“二度見のお手本”みたいな動きしててウケる」といった声が相次いでいる。

 また、「ジャニーズトンチキ名曲メドレー」と題した企画では、2013年にリリースした面白ソング「バィバィDuバィ~See you again~」を披露。

 同シングルがリリースされたころの菊池は「反抗期の絶頂」だったとファンから見られており、25歳になってノリノリで踊る姿が「菊池が?! 笑顔で?! Duバィを? 歌っている?! 2013年は反抗期で頑なに真顔を貫いていたのに!!」「トンチキソングで風磨くんが大人になったことを実感するクリスマス……」(共に原文ママ)と反響を呼んでいる。

 8月に放送されたバラエティ番組『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)では、水着がバラバラになり局部が丸出しになる“全裸ドッキリ”をしかけられ、「ジャニーズなのにNGなし!?」「面白すぎる」と好感度を上げた菊池。今後もファンを笑わせてくれそうだ。

(文=北河花)

<ライタープロフィール>
『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』(TBS系)の堂本剛に衝撃を受けて以来のジャニーズウォッチャー。大野智主演『世界一難しい恋』(日本テレビ系)の続編放送を夢見ながら執筆中。

SexyZone・菊池風磨が中島健人の「アソコ」をツンツン! 「地上波なのに」と視聴者騒然のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!