SixTONESが「ENDLESS RAIN」歌う!? YOSHIKI『紅白』出演決定も「X JAPANの曲なのに」とファンモヤモヤ

山岡四郎

 大みそかに放送される『第71回NHK紅白歌合戦』に、ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIが出場することが発表された。

 YOSHIKIはアメリカ・ロサンゼルスからのリモート出演で、X JAPANの名曲「ENDLESS RAIN」を披露するという。さらに、YOSHIKIの呼びかけによって世界的ロックバンド・QUEENのブライアン・メイとロジャー・テイラー、さらに世界的ソプラノ歌手のサラ・ブライトマンがそれぞれの場所からリモートで参加。また彼らに加えて、『紅白』出場歌手も参加予定とのことで、壮大なコラボレーションとなりそうだ。

 この発表にネット上では、「待ってました、絶対に出ると信じてた。楽しみにしてます」「すっごく楽しみ」「ブライアン・メイとロジャー・テイラーも? 凄いね。これは見なきゃ」など、ファンを中心に喜びの声が多く上がっている。昨年に続いての特別企画枠での出場だが、多くの人が彼の出演を期待していたようだ。

 YOSHIKIの『紅白』出演はX JAPANとしての出場を含めるとこれで6年連続、個人としても3年連続で、トータル11回目と、すっかり同番組の顔となった。昨年は「出会ってなかったら、今、生きてなかったかもしれない」と言うほどに尊敬している米ロックバンド・KISSと共演したのも記憶に新しい。

 今回も海外の大物アーティストとのコラボということで話題だが、今年はYOSHIKIが楽曲提供したジャニーズグループ・SixTONESの出場もある。彼らが披露するのはまさにYOSHIKIが作詞作曲した「Imitation Rain」であり、紅白におけるYOSHIKIの存在感は増す一方。「ENDLESS RAIN」の企画でもSixTONESの歌声が聞かれるのか、注目されるところだ。

 しかし、YOSHIKIが今回特別企画枠で披露するのが「ENDLESS RAIN」ということに、一部で疑問の声も上がっている。同曲はX JAPANが1989年に発表した楽曲。YOSHIKIが作詞作曲をしたものだが、ライブでは必ずといっていいほど披露され、ファンとの合唱もあるだけに、「X JAPANの曲」だと思い入れの強い人も多い。また、名曲とはいえ、31年前の楽曲という点にも違和感を感じる人もいるようだ。

「以前からの傾向ですが、演歌以外でも『紅白』は古い曲が選ばれることが増えており、今年も関ジャニ∞やKis-My-Ft2、SuperflyやJUJUなどが数年前の楽曲や10年以上前のヒットを歌うことになります。ただこれは番組のテーマの影響が大きく、今年はコロナ禍ということで“みんなでエール”を打ち出しているため、誰もが知る楽曲を優先的に選んでいるのでしょう」(芸能ライター)

 国民にとって年末最大の風物詩である『紅白』。異論はつきものであるが、大晦日を楽しみに待ちたいものだ。
(文=山岡四郎)

<ライタープロフィール>
お笑い芸人を志して養成所に通うも数回通って挫折。その後雑誌編集を経て現在はフリーライターおよびデザイナーとして活動中。芸能界が好きすぎて一日中テレビを観ながらYouTubeを観ています。

SixTONESが「ENDLESS RAIN」歌う!? YOSHIKI『紅白』出演決定も「X JAPANの曲なのに」とファンモヤモヤのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!