『嵐にしやがれ』最終回で“SMAP級”のサプライズある? 嵐とソフトバンクの蜜月関係

宇原翼

 嵐の活動休止まで残すところ1週間を切った。26日に『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)が放送終了となることでグループの冠番組もすべて消滅となるが、この重要な最終回に、嵐が広告塔を務めているソフトバンクが特別なCMを出稿するのではとの見方が出ている。

 携帯電話業界の国内大手キャリアであるソフトバンクは今年7月、5G(第5世代移動通信システム)推進プロジェクトに嵐を起用したことを発表。5Gならではのコンテンツを提供する「5G LAB」と、それと連動するテレビCMが展開され、一般募集されたファンの歌唱動画と嵐がバーチャル共演する「5G バーチャル大合唱」など、様々な企画も行われてきた。

 ソフトバンクといえば、SMAPが2009年から長年にわたって広告塔を務めたことでも知られるが、SMAPが2016年内をもって解散となった際には心憎いサプライズを用意した。16年12月26日に最終回を迎えた冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の放送中、これまでSMAPが出演した同社CMの名場面をつなぎ合わせた一夜限りの特別編が流れたのだ。日本では珍しい1分におよぶ長編CMとなっており、SMAPへの感謝と共に、「さよならじゃ、ないよな」というセリフで締め括られるという内容で、この粋な演出は当時大きな話題を呼んだ。

 これと同様の形で、『嵐にしやがれ』の最終回でも特別なCMが流れるのでは、というわけだ。嵐がソフトバンクの広告塔に起用されたのはここ最近のことで、SMAPのような歴史はないため、同じような趣向とはならないだろうが、10月から放送が始まっているテレビCM「これからだ」篇では、CGで再現した21年前の嵐と現在のメンバーを“共演”させるという、活動休止を意識した内容のものが制作されている。

 また、嵐は昨年末に『ARASHI SPECIAL SHOOTING “5×20” at Tokyo Dome 2019.12.23』という限定コンサートを行っており、カメラ100台規模でのライブ収録とされているものの、いまだに映像が発表されていないが、「日刊ゲンダイ」が今月3日に報じたところによれば、このライブの放映元はソフトバンクとなっており、5Gコンテンツの目玉となる可能性があるという。嵐とのこうした蜜月関係を考えれば、ソフトバンクが『嵐にしやがれ』の最終回に特別なCMを準備していてもおかしくない。

 奇しくも『嵐にしやがれ』の最終回は、放送日だけでなく、「5人旅」企画まで『SMAP×SMAP』最終回と共通している。一夜限りのサプライズCMが流れれば話題になることは必至だが、はたして……。

 (文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

『嵐にしやがれ』最終回で“SMAP級”のサプライズある? 嵐とソフトバンクの蜜月関係のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!