木村拓哉「超有名グループのセンター」に意地悪された過去を暴露! 名前伏せるもネット上で「あの人」の実名飛び交う

沖田義豊

 元SMAPで俳優の木村拓哉が、23日に放送されたトークバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。若手時代に「超有名グループのセンター」から意地悪をされたことを明かし、ネット上のファンが「あの人では」とざわつく事態となっている。

 番組では、木村が若手時代にジャニーズで影響を受けた人物として元・男闘呼組の岡本健一を挙げ、先に「これ、多分放送しない方がいいと思うけど……」と前置きしながら岡本にまつわるエピソードを披露した。

 木村によると、当時“超有名グループのセンターの人”が「服やるよ」と言い出し、後輩の名前を一人一人呼びながら服を渡していたという。木村が「次あたりに俺の名前が呼ばれるかな」と待っていると、「あれっ……て感じで」と木村だけ呼ばれず、一人だけ服がもらえなかったと明かした。

 木村が「何、この仕打ち?」と思っていると、その気持ちを察したかのように岡本が「木村、メシ行くぞ」と声をかけてくれたという。「本当のところは分からないけど」としながらも、木村は岡本が精神的にフォローしてくれたと感謝しているようだった。

 だが、視聴者の関心は岡本との感動エピソード以上に「超有名グループのセンター」に集まることに。SNS上では「超有名グループのセンターってあの人しかいない笑」「光GENJIの諸星しか考えられない」「絶対、光GENJIのかーくんでしょ」「キムタクの因縁の相手といったら諸星だろ」などと、元・光GENJIの諸星和己の名前が飛び交うことになった。

 木村が若手だったころの売れっ子グループとなると、光GENJIと少年隊が思い浮かぶ。だが、木村は少年隊の3人へのリスペクトをたびたび明かしているので批判するとは考えにくい。それ以前の売れっ子グループとなるとシブがき隊までさかのぼることになるが、木村との接点はほとんどない。

 となると、消去法で「超人気グループ」は光GENJIしか考えられないことになる。国民的アイドルグループだったSMAPに所属していた木村が、わざわざ「超人気グループ」と言ったのも、SMAPを超える爆発的人気だった光GENJIを示唆しているように思える。

 実際のところは不明だが、光GENJIのセンターは諸星しかいないのでネット上で名前が挙がることになったといえる。

 実は、昔から木村と諸星の「不仲説」はファンに知られていた。SMAPの前身「スケートボーイズ」の一員として光GENJIのバックを務めていたころから木村は目立っていたため、光GENJIのメンバーから疎まれていたといわれている。また、一部では「工藤静香を取り合った」といったウワサもささやかれた。

 そういったウワサの真偽は確かめようもないが、今回のエピソードによって木村と諸星の「不仲説」の信憑性がまた増したといえるのかもしれない。

<ライタープロフィール>
ジャニーズ好きの男性ライター。現役ジャニーズはもちろん、辞めジャニの動向チェックも怠らない。ライバルは青木源太アナ。

木村拓哉「超有名グループのセンター」に意地悪された過去を暴露! 名前伏せるもネット上で「あの人」の実名飛び交うのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!