乃木坂46キャプテン、イジられすぎ? 「いつも振り回される」とボヤき… “年1枚レアショット”公開にはファン歓喜

永尾兼

 乃木坂46・1期生の生田絵梨花のオフショットが12月18日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)の連載『乃木撮』に掲載され、撮影を担当した同期でキャプテンの秋元真夏の愚痴(?)も含めてファンの注目を集めている。

 乃木坂46のメンバーがオフ姿を互いに撮影し、コメント付きで紹介する同連載。秋元は今回、ライブのセットの片隅らしき場所にしゃがみこみ、両手を顎に添えた“ぶりっ子”ポーズをする生田を捉えた。

 付き合いが長い同期だからこそ撮影することができた生田のキュートな姿に絶賛の声が集まったが、一方で秋元の「生ちゃんに命令されて撮りました。いつも振り回される役の私…」というボヤきには、ファンから笑い声が上がった。

 秋元はグループ随一の“イジられキャラ”として知られ、後輩からもぞんざいな扱いを受けることがあるが、特に生田からはやられ放題の様子。過去には、“ぶりっ子”ポーズをする隣で真顔の塩対応をされたり、椅子代わりにして膝の上に座られるなどの写真をブログにアップしたこともある。

 ただ、昨年3月発売の同連載には、同期の若月佑美の卒業セレモニー後に“ガチ泣き”した秋元の頭を、生田が何も言わずにやさしく撫でる姿が掲載され、その“ツンデレ”ぶりがファンの間で話題になり、仲良しコンビとしてこれまで以上に認知されるようになった。

 そんな生田に振り回される一方、同期内で最年少組の齋藤飛鳥に対しては無理難題を押し通せるようで、今回は生田と同じ“ぶりっ子”ポーズをさせて寄り添い、齋藤の頭を撫でながら撮ったツーショットも提供した。

 秋元いわく「こんなぶりっこをしてくれるのは、かなりレアですね。たぶん年に1回くらいしか私に見せない表情だと思う(笑)」とのことだが、齋藤といえばクールキャラで知られるため、「年1どころか数年に1枚レベルのお宝ショットでは!?」とファンを歓喜させ、感謝の声が相次ぐことになった。

 同連載を1冊にまとめた写真集が現在2冊リリースされているが、いずれも大ヒットを記録。その中で、秋元が撮った写真の採用率が群を抜いて高いのは、メンバーの懐に入るのが上手いからだろう。今後も貴重なショットを提供し、ファンを楽しませてくれるに違いない。

<ライタープロフィール>
AKB48にハマったのをキッカケに、女性アイドルの追っかけ兼ライターとして活動中。現在は坂道グループ(乃木坂46、櫻坂46、日向坂46)の記事を中心に執筆。元乃木坂46の橋本奈々未を永遠推し。

乃木坂46キャプテン、イジられすぎ? 「いつも振り回される」とボヤき… “年1枚レアショット”公開にはファン歓喜のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!