中林美和、元夫・Zeebraの不倫相手に慰謝料請求か… NiziU・リマへの影響を心配する声も

斉木順

 11月にヒップホップアーティストのZeebraとの離婚を発表したモデルの中林美和が、元夫の不倫相手を訴えて慰謝料を請求する構えを見せていると報じられた。女性層から応援の声が寄せられる一方、次女で「NiziU」のメンバーとして活躍するリマへの悪影響を懸念する意見も上がり、物議を醸している。

 今年8月、写真週刊誌「FLASH」(光文社)がZeebraとモデル美女の“不倫旅行”をスクープ。当初は「友人の一人」と不倫関係を否定していたZeebraだが、程なく自身のTwitterで「この度は自分の軽率な行動により、関係者の方々やファンの皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けしてしまった事、心よりお詫び申し上げます」などと全面謝罪する事態となった。

 発売中の同誌によると、夫の不倫にまったく気付かずに報道で事実を知った中林は激怒。Zeebraとは離婚することになり、リマを含めた2人の娘の親権は中林が持つことになった。だが、それでも中林の怒りは収まらず、不倫相手を訴えて慰謝料を請求するためにいろいろと調べている最中だという。

 これにネット上の女性層からは「中林さんの納得する形で幕引きになったらいいと思います!」「既婚者と知ってて付き合った人には当然請求した方がいい」「私が中林さんの立場だったらとことんやる」「不倫相手に慰謝料請求するのが常識になればいい」などと応援コメントが続出している。

 その一方で「悔しいだろうけど、リマちゃんのためにも忘れた方がいいのでは」「これ以上、揉めるのは子どもたちのためによくない」「リマちゃんたちのことを一番に考えてあげてほしい」といった声も。不倫騒動や離婚発表の時もリマへの影響が危惧されたが、そういった論調は現在も強くあり、賛否両論の状態になっているようだ。

 昨今は芸能人の不倫スキャンダルが珍しくなくなっているが、今回の一件は娘が人気絶頂のガールズグループの一員で16歳という多感な時期の女の子ということもあり、ファンがどうしても心配してしまう部分があるようだ。

 いずれにしても、すべての元凶はZeebraの不倫。元妻の心を傷つけた上に、リマの活動やイメージにも悪影響を及ぼしている。単なる「火遊び」では済まない行為であることが、あらためて浮き彫りになったともいえそうだ。

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

中林美和、元夫・Zeebraの不倫相手に慰謝料請求か… NiziU・リマへの影響を心配する声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!