Sexy Zone・マリウス葉、活動休止中に「人生を見つめ直す」!? 菊池風磨の発言が意味深…

宇原翼

 Sexy Zoneのマリウス葉が急きょ活動休止を発表したことについて、メンバーの菊池風磨が語った内容が意味深だと注目を集めている。

 マリウスは、先月25日放送の音楽特番『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)を体調不良のため欠席。今月2日には、「NEWSポストセブン」(小学館)が“先月23日に処方薬の過剰服用で緊急搬送されていた”と報じると、その数時間後にマリウスの一定期間の芸能活動休止が発表された。

 このマリウスの活動休止について、菊池が口を開いた。21日放送のラジオ番組『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)で、菊池は冒頭から「直接お話しさせていただく機会が多分、ここしかないと思うので。というか、ここでするべきだと思ったので」と切り出し、マリウスについて言及。その性格について「本当にいろんな人のことを考えて、行動して、また考えて、という子」と説明した上で、「一度休止して、おやすみして。自分と向き合う時間があってもいいんじゃないかな」との想いを語った。

 続けて、「そして彼なりに、これから“どんなマリウスにしていくか”“どんな自分の人生にしていくか”っていうのを見つめ直す、そんな期間になったら素敵だなと僕は思っております」と話した菊池は、マリウスの休止中も4人での活動を頑張ると意気込みを語った。

 しかし、「自分の将来像を見つめ直してほしい」とも取れるこの菊池の発言は意味深だ。

 マリウスといえば昨年、Sexy Zoneがメインパーソナリティを務めた2018年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)が終わった後に「ジャニーズを辞めたい」と関係者に涙ながらに訴えていたと「文春オンライン」(文藝春秋)が報じていた。また、マリウスの母で元宝塚女優の燁明(よう・あきら)さんは今月2日、すぐに削除されたブログの中で、マリウスが睡眠時間を削ってまでスタンフォード大学のオンラインコースを受講していたことを明かしていた。彼は“ジャニーズ以外の道”も見据えていたのかもしれない。

 一部報道では、マリウスが病院に搬送された際、菊池は本人から連絡を受けて病院に駆けつけたとされている。菊池の番組での言葉は、マリウスの複雑な心境を推しはかった上での彼なりのエールだったのではないだろうか。

 菊池はこの発言の後、菊池、松島聡、マリウスによる楽曲「You’re the only one」を流していた。3人で作詞したこの曲には、「一人じゃない」「君は君のままが綺麗で君らしくていいじゃん」という歌詞が出てくるが、マリウスはどこかでこの菊池のメッセージを受け取っただろうか……。

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

Sexy Zone・マリウス葉、活動休止中に「人生を見つめ直す」!? 菊池風磨の発言が意味深…のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!