安西ひろこ、40代とは思えぬ美貌で友人・矢沢心を“公開処刑”!?

藤川響子

 タレントの矢沢心が、“ギャルのカリスマ”として一世を風靡した安西ひろことの2ショット写真を公開。90年代に人気を博した2人が揃ったことに驚きの声が上がるとともに、安西の四十路とは思えぬ美貌に感心の声が寄せられている。

 矢沢は22日、「安西ひろ子ちゃんとは20年前にお仕事をさせてもらったけど、色々まったく変わらない優しい女性です」というコメントと共に、安斉と撮影した2ショットを自身のInstagramで披露した。

 安西は1996年にグラビアアイドルとしてデビュー後、“ギャルのカリスマ”として人気に。矢沢も、ギャル系雑誌『egg』(大洋図書)の読者モデルを経て、97年に映画『バウンス ko GALS』で女優デビューしている。

 共に同時代にギャル系タレントとして活躍した2人の仲睦まじい写真は反響を呼び、ネット上では、「2人とも美人!」「どっちも昔は好きだった」など、当時を懐かしんだり、2人の現在の美貌に驚く声が上がっている。

 中でも、手前に位置していた矢沢は目元のシワやほうれい線がうっすら浮かび上がって見てとれたのに対し、奥の安西はツルツル肌に見えたため、四十路とは思えぬ安西の若い見た目には驚きの声が続出したようだ。

「安西さんも自身のインスタでとても41歳には見えない若々しい姿を披露していますが、フォロワー数は今月23日の時点で3.3万人と芸能人にしては少なめ。

 一方、矢沢さんは主婦タレントとして情報番組などにも出演してきたこともあってか、フォロワー数は7.5万人。影響力のある矢沢さんのインスタに登場したことで、安西さんの姿を久しぶりに見たという人が多かったようです」(芸能ライター)

 安西といえば、19年10月8日放送の『男と女の幸せってなんだ?』(フジテレビ系)では「40歳になったが結婚できない」と悩みを打ち明け、自らの男性遍歴や結婚観を赤裸々に語っていた。

 これまでの交際人数は5人以下だと明かし、「40歳になって片手(で足りる人数)しか恋愛したことないなんて……。なんか泣いちゃいそう」と自虐したり、交際していた相手と箱根をドライブ中に車中で口論になって山中に置いて行かれたといったエピソードを披露していたが……。

 安西ほどの美しさと知名度があるタレントなら今も引く手あまたなはず。昔は浜崎あゆみと似ているという声も出ていたが、Instagramやブログで披露する服装やネイル、メイクを見ていると、浜崎より若々しく感じられる。

 矢沢が言うように、「いろいろまったく変わらない」安西の時が止まったかのような近影に驚いた人は多かったようだ。

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

安西ひろこ、40代とは思えぬ美貌で友人・矢沢心を“公開処刑”!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!