”YOASOBI・幾田りら”が苦難を乗り越える歓びの歌「第九」を歌う! サントリー新TVCM『2020年の希望』篇は12/19より全国にてOA開始!

編集部

YOASOBI・幾田りらが苦難を乗り越える歓びの歌「第九」を歌う! サントリー新TVCM『2020年の希望』篇は12/19より全国にてOA開始!の画像1

 サントリーグループは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人との接触を減らすことが求められる今年だからこそ、「人と人とのつながり」の大切さと改めて向き合い、様々な取り組みと発信を行ってきました。

 大きな不安や悲しみが広がった 2020 年。けれど、そんな中にもたくさんの希望が生まれていました。「希望は生まれる。どんな時にも。」というメッセージとともに、一年の終わり、そして来年へ向かう人々の気持ちを後押しできないかと考え、新しい TV-CM を制作。

 TV-CM では、サントリーが 1983 年より毎年開催をサポートしている「サントリー1 万人の第九」の曲でもあり、苦難を超える歓びが歌いあげられているベートーヴェン作曲「交響曲第 9 番第 4 楽章<歓喜の歌>(以下、第九)」と共に今年 SNS 上に投稿された映像などを繋ぎ合わせ、苦難の中でも起きていた今年の喜びを振り返ります。

 「第九」を歌唱するのは、2020 年を代表する歌手であり、YOASOBI のボーカル ikura としても活躍するシンガーソングライター幾田りらさん。サントリーサンゴリアスの流大選手が出演。

YOASOBI・幾田りらが苦難を乗り越える歓びの歌「第九」を歌う! サントリー新TVCM『2020年の希望』篇は12/19より全国にてOA開始!の画像2

◆『2020 年の希望』篇ステートメント
2020 年は、どんな年だったでしょうか。
不安が生まれた年。悲しみが広がった年。そう言われるのかもしれません。
けれど、そんな中に芽吹いていた希望もたくさんあります。

今年、65 万人の赤ちゃんが生まれました。101 万人が新一年生になりました。
38 万組のカップルが結婚しました。7 割の家族の会話が増えました。

逆境の中、こんなにみんなが支えあい、ひとつになった年はありません。

決してなくなることのない、人と人のつながりや、よろこび、そして希望。
サントリーは、お酒や飲料を通じて いつもそのそばにいます。

希望は生まれる。どんな時にも。
SUNTORY

◆「サントリー 1 万人の第九」について
1983 年、大阪城ホールのオープニング記念イベントとしてスタートし、2020 年で 38 回目を迎えた「サントリー 1 万人の第九」。サントリーグループは、「1 万人で第九を歌う」という前代未聞の本コンサートのチャレンジに賛同、第 1 回から協賛を行っています。2020 年はコロナ禍でのあらたな形でのチャレンジとして、“つながろう、今”をテーマに「完全リモートでのサントリー 1 万人の第九」を実施。

 また 2020 年はベートーヴェン生誕 250 周年の年。「第九」がベートーヴェンによって作曲された時にも、戦争や病があったことから、詩人シラーの書いた「歓喜に寄す」の一部を音にのせ、苦難を超える歓びを歌いあげたと言われています。不安や悲しみが多かった今年だからこそ、明るく希望に満ちた出来事にも目を向け、ご覧になられた皆様に 2020 年を振り返り、少しでも喜びを共にしていただければと願っております。

”YOASOBI・幾田りら”が苦難を乗り越える歓びの歌「第九」を歌う! サントリー新TVCM『2020年の希望』篇は12/19より全国にてOA開始!のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!