【LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2020」受賞式レポート】横浜流星さん、瑛人さん、HIKAKINさん、内田篤人さん、鈴木おさむさんを表彰

編集部
【LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2020」受賞式レポート】横浜流星さん、瑛人さん、HIKAKINさん、内田篤人さん、鈴木おさむさんを表彰の画像1

『LINE NEWS AWARDS 2020』

 LINE 株式会社は、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど、各分野で NEWS になった 2020 年を彩る「話題の人」や、新しい切り口や見せ方で LINE ユーザーの心を動かした「記事」、LINE ユーザーに支持された「メディア」を、当社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する、ニュースの祭典 LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2020」を、2020 年 12 月 16 日(水)に開催。

 コロナ禍での開催となった「LINE NEWS AWARDS 2020」は、事前収録形式での初のオンライン開催。本レポートでは、受賞式当日の様子をお伝えいたします。

【「LINE NEWS AWARDS 2020」特設サイト】
 https://news.line.me/newsawards/2020
※2020 年 12 月 31 日までアーカイブ配信をご覧いただけます。

◆受賞者(敬称略)
●タレント部門
HIKAKIN

●文化人部門
鈴木おさむ

●アイドル・アーティスト部門
瑛人

●アスリート部門
内田篤人

●俳優部門
横浜流星

【LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2020」受賞式レポート】横浜流星さん、瑛人さん、HIKAKINさん、内田篤人さん、鈴木おさむさんを表彰の画像2

『LINE NEWS AWARDS 2020』

<アイドル・アーティスト部門:瑛人>
受賞を受けて、「有名な方々の中に自分の名前があり嬉しい、感謝でいっぱい。」と語る瑛人さん。今年を表す漢字は 「凄」を選定。理由は「凄い事ばかりが起こった。今日の表彰のように“凄い日”が多い年だった。」だという。

 激動だった今年一年の中でも、「特に 5 月頃、SNS のタグ付け通知が沢山届きバズっている事を実感した。」と自身の人気を振り返った。その人気を体現するように、自身にとっての今年一番のニュースは「紅白歌合戦への出場決定」。実際自信はあったのか?という MC の質問に対して、「正直最初は 80% 出場出来ると思っていた(笑)。ただ、周りに“五分五分かな〜”と謙遜して話すたび、徐々に自信もなくなっていた。」と笑いながら話していた。

 また、著名人含む多くの人にカバーされているヒット曲「香水」。初めにカバー MV が話題になり、その後コラボ楽曲も 注目を浴びているお笑いコンビ・チョコレートプラネットさんとの関係については、「優しくて温かい方達。(バズりを生んでいただいて)ありがとうございます。」と感謝。またその他の方達とのカバーも自身で視聴しており、「俺よりうまいじゃん!これからライブで歌えないよ!」と思う相手もいたという。そして「自分が歌を好きになったきっかけの清水翔太さんとコラボしてみたい」と夢を語った。

 視聴者とのトークタイムでは、「2021 年はどんな一年にしたい?」「いつも年末は来年がさらに楽しくなるよう神社に願っている。2021 年も、2020 年よりも楽しく過ごしたい」と持ち前の明るさで語っていた。その後ステージ上で「香水」を熱唱し、その歌声で会場中を魅了。

 収録後のインタビューでは、紅白出場について母親に報告した際に、喜ばれたエピソードも語った。また、「香水」が今年度の流行語大賞にノミネートされたことを背景に、自身にとっての流行語は「グッドバイブス」「瑛人ピース」だと言う。特に名前に絡めた「瑛人ピース」は、“流行らない”と周りに言われていながらも、広めていきたい!と明かした。

【LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2020」受賞式レポート】横浜流星さん、瑛人さん、HIKAKINさん、内田篤人さん、鈴木おさむさんを表彰のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!