「Hilcrhyme」が10周年記念ツアー公演で自身最多の37曲を熱唱!

編集部

0002

 今年で結成10周年を迎えたラップ・ユニット「 Hilcrhyme(ヒルクライム)」が11日、東京ドームシティホールで全国ツアー「Hilcrhyme 10th Anniversary TOUR 2016 BEST10」の東京公演を行った。

 2006年に新潟でTOCとDJ KATSUの2人で結成された「Hilcrhyme」が10周年を記念して、全国20ヵ所で行う今回のツアー。
 事前に行ったファン投票で選出されたベスト10の曲を中心としたセットリストが大きな特徴となっている。

 ダークブラウンのスーツにハイライトイエローのシューズが映える衣装で登場したTOCは、「結成10年を迎えました、ありがとうございます!」と感謝。

 人気シングル曲『春夏秋冬』のパフォーマンスの際には、TOCは「日本の中でも四季折々をより強く感じられる新潟に住んでいた自分たちだからこそ、生み出すことができた」と語った。

 アンコールでは、先週リリースのニューアルバム『SIDE BY SIDE』の収録曲から、タイトル曲『Side By Side』に加えて、『クサイセリフ』を初披露。

 少女漫画をテーマにした『クサイセリフ』は現在、女子中高生を中心に500万人が使う動画コミュニティ 「MixChannel(ミックスチャンネル)」でも人気を集めている。

 さらに、予定にはなかった2曲をサプライズで追加し、2014年の武道館ワンマン公演で記録した曲数を上回る計37曲を披露してステージを後にした。

「Hilcrhyme」が10周年記念ツアー公演で自身最多の37曲を熱唱!のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!