ソニー 1000Xシリーズ×「THE FIRST TAKE」プロジェクト第3弾

編集部

ソニー 1000Xシリーズ×「THE FIRST TAKE」プロジェクト第3弾の画像1

 ソニーマーケティング株式会社は、業界最高クラス*1 のノイズキャンセリング機能を搭載した、完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-1000XM3』などを含める『1000Xシリーズ』のプロモーションとして、アーティストによる一発撮りのパフォーマン スを鮮明に切り取る YouTube チャンネル『THE FIRST TAKE』とのコラボレーションプロジェクト第 3 弾 CM を公開します。

 今回パフォーマンスするのは、『紅蓮華』の『THE FIRST TAKE』動画が 7,700 万回再生を突破した(2020 年 10 月 22 日時点)LiSA と、注目のシンガーソングライター Uru。ソロアーティストとして活動する 2 人の初コラボレーションです。また今回 CM 楽曲を手がけるのは大人気音楽ユニット YOASOBI のコンポーザーとしても活動する Ayase。彼が制作した新曲『再会(produced by Ayase)』を LiSA と Uru が楽曲の世界観を表現した CM で披露しています。

 CM 撮影の様子や楽曲への想いを LiSA と Uru、Ayase がそれぞれの視点で語る特別インタビューを特設サイトにて順次公開します。

ソニー 1000Xシリーズ×「THE FIRST TAKE」プロジェクト第3弾の画像2

【『再会 (produced by Ayase)』を LiSA&Uru ふたりの歌声が奏でるソニー『1000X シリーズ』新 CM】
CM は、冬の街の雑踏の中、LiSA と Uru がそれぞれ別の場所で完全ワイヤレスヘッドホン『WF-1000XM3』を着用しているシーンから始まります。2 人が同時に『WF-1000XM3』のノイズキャンセリング機能をオンにすると、周囲の雑音が消え、『THE FIRST TAKE』のスタジオのシーンに切り換わります。

 2 人が歌う楽曲は、YOASOBI のコンポーザーとしても活動する Ayase がプロデュースした、新曲『再会 (produced by Ayase)』。異なる声質を持つ二人の歌声が重なり合い、圧巻のハーモニーに包まれます。『WF-1000XM3』のハイレゾ級高音質*2 と業界最高クラスのノイズキャンセリングにより、まるでアーティストが目の前で歌っているように感じられることを表現しています。

*1:各形状のノイズキャンセリングヘッドホン市場において。ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る。 完全ワイヤレス型(2020 年 6 月 1 日時点)、ネックバンド型(2019 年 9 月 5 日時点)、ヘッドバンド型(2020 年 4 月 21 日時点)。形状によって、ノイズキャンセリングの効果に差があります。
*2:DSEE HX ON 時に CD や MP3 などの圧縮音源を SBC/AAC のコーデックで Bluetooth 再生する際、最大 96kHz/24bit まで拡張

ソニー 1000Xシリーズ×「THE FIRST TAKE」プロジェクト第3弾のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!