『朝が来る』メイキング解禁&撮影秘話

編集部
『朝が来る』メイキング解禁&撮影秘話の画像1

©2020「朝が来る」Film Partners

『あん』『光』の河瀨直美監督が、直木賞・本屋大賞受賞作家:辻村深月の感動ヒューマンミステリーを実力派キャストを揃えて映画化し、カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】に正式に選出された『朝が来る』が 10 月 23 日に全国公開となります。

 このたび、メイキング写真を解禁いたします。解禁となったメイキング写真には、特別養子縁組あっせん団体『ベビーバトン』の説明会のシーンで赤子をあやす永作博美と井浦新の姿や、河瀨監督自らがカメラを持って撮影する姿。さらに、永作と朝斗役を演じた佐藤令旺、蒔田と浅田が、それぞれ本当の親子のように寄り添う、楽しげなメイキングカットも切り取られている。

 ベビーバトンの説明会シーンは、NPO 法人『ベビーバトン』の代表・浅見静恵を演じた浅田美代子が、実際に役者ではない素人の方々からの、台本にない質問に 1 時間ほど答え続けた。「河瀨監督には嘘(お芝居)は通用しないから」と語る浅田は、特別養子縁組のすべてを頭にたたきこみ、撮影に挑んだ。さらに、このシーンでは、実際に特別養子縁組によって子供を迎えた養親さんが登場する。役者が演じても叶わない、本物の言葉、本物の強さがある注目のシーンだ。河瀨映画の醍醐味の 1 つといえる、ドキュメンタリーパートに期待が膨らむ写真となっている。

『朝が来る』メイキング解禁&撮影秘話の画像2

©2020「朝が来る」Film Partners

 望まぬ妊娠をしてしまった 14 歳の少女・片倉ひかり(蒔田彩珠)の奈良での生活を切り取ったメイキング写真には、地元の中学に通う制服姿の蒔田彩珠や、ひかりの家族を演じた中島ひろ子、平原テツ、駒井蓮の姿も。河瀨組では、登場人物が経験してきたこと、これから経験するであろうことを役者たちがリアルに体験する時間が設けられ、それを河瀨監督は“役を積む”という。蒔田は、実際に奈良の中学校に一定期間通い、卓球部にも所属していた。その中学校には、後に彼氏となる麻生巧(田中偉登)も通っていて、実際に付き合うシーンを撮影するまでは、互いに話すことは禁止されていたという徹底ぶり。この経験を経た蒔田は、「話すことはなかったけど、そこに(田中が)居ることは意識していた」と語る。まさに付き合う前の男女の距離感までを生み出し、それが活きていることが容易に想像できる。

 さらに、劇中で二人が付き合ってひかりに妊娠が発覚したシーンの撮影後、片倉家の両親(中島ひろ子、平原テツ)は妊娠をさせた巧の家に行き、ひかりと別れてほしいと頭を下げるという、本物の家族なら経験するであろう場面もカメラを回さずに経験している。他にも、カメラが回っていない(撮影をしていない)時でも劇中の家族で一緒に生活していたことから、いざ撮影が始まるという時に、片倉家の母・貴子を演じた中島が、蒔田の劇中衣装を誤って洗濯してしまっていたというトラブルもあった。そんなトラブルも、本物の家族のように過ごす時間があった河瀨組ならではのエピソードだろう。

『朝が来る』メイキング解禁&撮影秘話の画像3

©2020「朝が来る」Film Partners

 撮影場所も東京、栃木、奈良、広島、横浜など、河瀨映画史上最多のロケーションとなった。

 ひかりが出産するまでを安全に過ごすために、ベビーバトンの施設に入って生活するシーンがある。そのシーンは、広島で撮影された。ひかりがわが子を養子として栗原家(永作博美、井浦新)に授けるシーンを撮影する前、浅田はたまたま広島に来ていた修学旅行中の中学生を見て、“ひかりもこの中にいるはずだったのに、あの子は今から生んだ子を手放さないといけない”とリアルに考え、カメラが回っていないのに涙が流れてきたという。まるで本物の家族のように・・・ 役を生きる、河瀨組ならではの仰天エピソード満載!メイキング写真解禁&撮影秘話公開!

『朝が来る』メイキング解禁&撮影秘話のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!